日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ストレージシステムを管理

寄稿者

VMware vSphere Web Client を使用して VM やデータストアをバックアップまたはリストアするには、ストレージを追加する必要があります。

Storage VM を変更します

VMware vSphere Web Client を使用して、 SnapCenter Plug-in for VMware vSphere に登録されているクラスタおよび Storage VM の構成を変更し、 VM のデータ保護処理に使用できます。

クラスタの一部として自動的に追加された Storage VM (暗黙的な Storage VM とも呼ばれます)を変更すると、その Storage VM は明示的な Storage VM に変更され、そのクラスタ内の残りの Storage VM を変更することなく個別に削除できます。Storage Systems ページでは、暗黙的な Storage VM の場合、ユーザ名が "-" と表示されます。ユーザ名はクラスタリスト内の明示的な Storage VM に対してのみ表示され、 ExpicitSVM フラグは true に設定されています。すべての Storage VM は、関連付けられたクラスタの下に常に表示されます。

重要 SnapCenter の GUI を使用してアプリケーションベースのデータ保護処理用に Storage VM を追加した場合は、追加した Storage VM を変更するために同じ GUI を使用する必要があります。
手順
  1. VMware vSphere Web Client の左側のナビゲータペインで、 * ストレージシステム * をクリックします。

  2. [* ストレージシステム * ] ページで、変更する Storage VM を選択し、をクリックします エラー:グラフィックイメージがありません * 編集 * 。

  3. [Edit Storage System*]( ストレージ・システムの編集 ) ウィンドウで新しい値を入力し '[Update]( アップデート ) をクリックして変更を適用します

    エラー:グラフィックイメージがありません

Storage VM の名前を変更します

VM をリソースグループに追加したあとに名前を変更すると、 SnapCenter Plug-in for VMware vSphere が名前ではなく VM UUID に対応しているため、リソースページに新しい名前が表示されないことがあります。

リソースページに新しい VM の名前が表示されるようにするには、次の手順を実行します。

  1. リソースグループを編集して VM を削除する。

  2. VM の名前を変更します。

  3. リソースグループに VM を再度追加します。

Storage VM を削除します

VMware vSphere Web Client を使用して、 vCenter のインベントリから Storage VM を削除できます。

注記 SnapCenter の GUI を使用してアプリケーションベースのデータ保護処理用に Storage VM を追加した場合は、追加した Storage VM を変更するために同じ GUI を使用する必要があります。

Storage VM を削除する前に、 Storage VM 内のすべてのデータストアをアンマウントする必要があります。

削除する Storage VM に存在するバックアップがリソースグループに含まれていると、そのリソースグループのそれ以降のバックアップは失敗します。

手順
  1. VMware vSphere Web Client の左側のナビゲータペインで、 * ストレージシステム * をクリックします。

  2. [* ストレージシステム * ] ページで、削除する Storage VM を選択し、 [ * 削除 ] をクリックします。

  3. [ ストレージ・システムの削除 ] 確認ボックスで '[ ストレージ・システムの削除 *] のチェックボックスをオンにし '[ はい *] をクリックして確定します

  4. 削除した Storage VM が ESXi 6.7 Server で管理されていた場合は、 Web Client Service を再起動する必要があります。