日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

バックアップから VMDK をリストアする

寄稿者

プライマリまたはセカンダリバックアップから、既存の VMDK をリストアしたり、削除または分離された VMDK をリストアしたりできます。

VM 上の 1 つ以上の仮想マシンディスク( VMDK )を同じデータストアにリストアできます。

ヒント NFS 環境でのリストア処理のパフォーマンスを向上させるには、 VMware アプリケーション vStorage API for Array Integration ( VAAI )を有効にします。
作業を開始する前に
  • バックアップが存在している必要があります。

    SnapCenter Plug-in for VMware vSphere を使用して VM のバックアップを作成しておく必要があります。

  • VM が転送中でないことを確認する必要があります。

    リストアする VM が vMotion または Storage vMotion の状態でないことを確認してください。

このタスクについて
  • VMDK が削除されるか VM から切断された場合は、リストア処理によって VMDK が VM に接続されます。

  • VM が配置されている FabricPool のストレージ階層が使用できない場合、リストア処理が失敗することがあります。

  • 接続処理とリストア処理は、デフォルトの SCSI コントローラを使用して VMDK に接続します。NVMe コントローラを搭載した VM に接続されている VMDK がバックアップされますが、接続処理およびリストア処理では、 SCSI コントローラを使用して再接続されます。

手順
  1. VMware vSphere Web Client の GUI で、ツールバーの * メニュー * をクリックし、ドロップダウンリストから * VMs and Templates * を選択します。

  2. 左側のナビゲーションペインで、 VM を右クリックし、ドロップダウンリストから「 * NetApp SnapCenter * 」を選択してから、セカンダリドロップダウンリストから「 * Restore * 」を選択します。

  3. リストア * ウィザードのバックアップの選択ページで、リストア元のバックアップ・コピーを選択します。

    特定のバックアップ名またはバックアップ名の一部を検索するか、フィルタアイコンをクリックして日時の範囲を選択し、 VMware スナップショットの有無、マウントするバックアップの有無を選択して、バックアップリストをフィルタリングすることができます。 プライマリまたはセカンダリの場所を指定できます。[OK] をクリックしてウィザードに戻ります。

  4. [ * スコープの選択 * ] ページで、リストア先を選択します。

    リストア先 リストア先を指定 …​

    元のデータストア

    ドロップダウン・リストから * 特定のディスク * を選択し、 * 次へ * をクリックします。データストア選択テーブルで、 VMDK を選択または選択解除できます。

    別の場所にある代替データストア

    デスティネーションデータストアをクリックして、リストから別のデータストアを選択します。

  5. [ 場所の選択 * ] ページで、リストアする Snapshot コピー(プライマリまたはセカンダリ)を選択します。

  6. [ 概要 ] ページを確認し、 [ 完了 ] をクリックします。

  7. オプション:画面下部の * 最近のタスク * をクリックして、処理の進行状況を監視します。

  8. 更新された情報を表示するには、画面を更新します。