日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

データ保護のワークフロー

寄稿者 netapp-madhulik Ronya-Robinson

SnapCenter vSphere Web Client を使用して、 VM 、 VMDK 、およびデータストアのデータ保護処理を実行します。すべてのバックアップ処理はリソースグループに対して実行されます。リソースグループには 1 つ以上の VM とデータストアを任意の組み合わせで含めることができます。バックアップは、オンデマンドで実行することも、定義した保護スケジュールに従って実行することもできます。

データストアをバックアップすると、そのデータストア内のすべての VM がバックアップされます。

バックアップ処理とリストア処理を同じリソースグループで同時に実行することはできません。

SnapCenter VMware プラグインでサポートされる機能とサポートされない機能に関する情報を確認しておく必要があります。"導入の計画と要件"

MetroCluster 構成の場合:

  • フェイルオーバー後に SnapCenter VMware プラグインで保護関係を検出できない可能性があります。を参照してください "技術情報アーティクル: Unable to detect SnapMirror or SnapVault relationship after MetroCluster failover"

  • バックアップが失敗し、「 Unable to discover resources on SCV : <xxx> …」というエラーが表示された場合 スイッチオーバー / スイッチバック後に NFS VM と VMFS VM の場合は、メンテナンスコンソールから SnapCenter VMware サービスを再起動します。

次の図のワークフローは、バックアップ処理の実行順序を示しています。

エラー:グラフィックイメージがありません