日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapCenter Plug-in for VMware vSphere を SnapCenter サーバに登録

寄稿者 Ronya-Robinson netapp-madhulik このページの PDF をダウンロード

SnapCenter でアプリケーションオーバー VMDK ワークフロー(仮想化されたデータベースおよびファイルシステム用のアプリケーションベースの保護ワークフロー)を実行する場合は、 SnapCenter Plug-in for VMware vSphere を SnapCenter サーバに登録する必要があります。

SnapCenter を使用していて、 SnapCenter 4.2 にアップグレードし、アプリケーション over VMDK のバックアップを SnapCenter Plug-in for VMware に移行した場合は、移行コマンドによってプラグインが自動的に登録されます。

作業を開始する前に
  • SnapCenter サーバ 4.2 以降が実行されている必要があります。

  • SnapCenter Plug-in for VMware vSphere を導入して有効にしておく必要があります。

このタスクについて
  • SnapCenter Plug-in for VMware vSphere を SnapCenter サーバに登録するには、 SnapCenter GUI を使用して「 vSphere 」タイプのホストを追加します。

    ポート 8144 は、 SnapCenter VMware プラグイン内の通信用に事前定義されています。

    SnapCenter Plug-in for VMware vSphere の複数のインスタンスを同じ SnapCenter Server 4.2 に登録することで、 VM に対するアプリケーションベースのデータ保護処理をサポートできます。複数の SnapCenter Server に同じ SnapCenter Plug-in for VMware vSphere を登録することはできません。

  • リンクモードの vCenter の場合は、 vCenter ごとに SnapCenter Plug-in for VMware vSphere を登録する必要があります。

手順
  1. SnapCenter GUI の左ナビゲーションペインで、 Hosts をクリックします。

  2. 上部で [Managed Hosts] タブが選択されていることを確認し、仮想アプライアンスのホスト名を見つけて、 SnapCenter サーバから解決されることを確認します。

  3. 「 * 追加」をクリックしてウィザードを開始します。

  4. [Add Hosts] ダイアログ・ボックスで ' 次の表に示すように SnapCenter サーバに追加するホストを指定します

    フィールド名 操作

    ホストタイプ

    ホストのタイプとして「 * vsphere * 」を選択します。

    ホスト名

    仮想アプライアンスの IP アドレスを確認します。

    クレデンシャル

    導入時に指定した SnapCenter VMware プラグインのユーザ名とパスワードを入力します。

  5. [Submit (送信) ] をクリックします。

    VM ホストが正常に追加されると、 [Managed Hosts] タブに表示されます。

  6. 左側のナビゲーションペインで、 * 設定 * をクリックし、 * 資格情報 * タブをクリックして、をクリックします エラー:グラフィックイメージがありません * 仮想アプライアンスのクレデンシャルを追加するには、 * を追加します。

  7. SnapCenter Plug-in for VMware vSphere の導入時に指定したクレデンシャル情報を入力します。

    注記 [Authentication] フィールドに [Linux] を選択する必要があります。

SnapCenter Plug-in for VMware vSphere のクレデンシャルが変更された場合は、 SnapCenter の管理対象ホストページを使用して SnapCenter サーバで登録を更新する必要があります。