日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapCenter Plug-in for VMware vSphere を削除します

寄稿者 Ronya-Robinson

SnapCenter のデータ保護機能を使用する必要がなくなった場合は、 SnapCenter VMware プラグインを無効にして vCenter から登録を解除し、 vCenter から SnapCenter VMware プラグインを削除して、残りのファイルを手動で削除する必要があります。

作業を開始する前に
  • 管理者権限が必要です。

  • 実行中の SnapCenter ジョブがないことを確認します。

手順
  1. https://<OVA-IP-address>:8080` 」の形式で、 SnapCenter VMware プラグイン管理 GUI にログインします。

    プラグインの導入時に、 SnapCenter VMware プラグインの IP が表示されます。

  2. 左側のナビゲーションペインで * Configuration * をクリックし、次に * Plug-in Details * セクションの Service オプションの選択を解除してプラグインを無効にします。

  3. VMware vSphere にログインします。

  4. 左側のナビゲータ画面で、 SnapCenter VMware プラグインのインスタンス(仮想アプライアンスの導入時に使用された「 .ova 」ファイルの名前)を右クリックし、「ディスクから削除」を選択します。

  5. /etc/vmware/vsphere-clientui/vc-packages/vsphere-client-serenity com.netapp.scvm.webclient-4.5.0.5942045/plugins` に移動し、 vCenter サーバの pickup フォルダにある次のファイルを手動で削除します。

    VSC-httpclient3-security.jar 'CV-api-model.jar 'CVM_WebUI_service.jar 'CVM_WebUI_ui.war 'gson -2.5.jar

  6. SnapCenter VMware プラグインを使用して、アプリケーションと整合性のあるバックアップを作成する他の SnapCenter プラグインをサポートしていた場合は、 SnapCenter にログインして vSphere ホストを削除してください。

仮想アプライアンスは導入されますが、 SnapCenter VMware プラグインは削除されます。

SnapCenter VMware プラグインのホスト VM を削除したあと、ローカルの vCenter キャッシュが更新されるまでプラグインが vCenter に表示されたままになる場合があります。ただし、プラグインが削除されたため、そのホストでは SnapCenter の VMware vSphere 処理を実行できません。ローカルの vCenter キャッシュを更新する場合は、先に SnapCenter の VMware プラグインの設定ページでアプライアンスが無効状態になっていることを確認してから、 vCenter の Web Client Service を再起動してください。