日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Snap Creator エージェントの概要

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

通常、 Snap Creator エージェントは、アプリケーションまたはデータベースがインストールされたホストにインストールされ、 Snap Creator サーバから所定のアプリケーションへの休止コマンドおよび休止解除コマンドを処理します。このホストにはプラグインが配置されます。Snap Creator 内でエージェントが scAgent に短縮されることがあります。

Snap Creator エージェントは、 Snap Creator サーバのエージェントインターフェイスから Agent RESTful インターフェイスを介し、 HTTPS 経由でのみ通信を受信します。つまり、セキュアで暗号化された通信が実現します。これは、マルチテナント環境やクラウド環境では非常に重要な機能です。自己署名証明書を使用すると、生成された証明書を Snap Creator エージェントで使用できます。さらに、 Snap Creator エージェントは、ユーザとパスワードの設定可能な組み合わせによって保護され、ディスクに格納されます。

次の図は、 Snap Creator エージェントのアーキテクチャを示しています。

scfw エージェントアーキテクチャ 41 リフレッシュ

Snap Creator エージェント( Snap Creator 自体内で scAgent に短縮されることもあります)コンポーネントには、次のコンポーネントが含まれています。

  • * オペレーションおよび実行マネージャー *

    Operations Manager は、受信要求、送信要求、完了要求を処理します。実行マネージャーは、リクエストの実行を担当します。

  • * スレッドプール *

    ワーカースレッドで構成されるスレッドプールを使用して、複数のタスクが実行されます。

    これにより、一度に実行できる同時処理の数が決まります。実行マネージャはプラグインを実行し、スレッドプール内のいずれかのスレッドで実行します。スレッドプールに 8 つのスレッドがある場合は、 8 つのプラグイン操作を同時に実行できます。スレッドが再び解放されるまで、新しい着信操作はキューに登録されます。

  • * ウォッチドッグ *

    特定の操作の実行マネージャによってトリガされます。通常は休止し、指定時間が経過するとウォッチドッグは実行マネージャにコールバックして、必要に応じて操作を停止し、対応する取り消し操作を実行します。たとえば、 Plug-in quiesce 機能が呼び出されて、アプリケーションがバックアップモードになります。ウォッチドッグがリスニングを開始します。指定した時間内に休止解除が実行されない場合、 Watchdog はアプリケーションの休止を解除し、通常の動作モードに戻します。これは、データベースがバックアップモードで停止しないようにするためです。

  • * コンテキストストア *

    ワークフローの有効期間に必要なすべての情報を保持するコンテキストストアは ' 必要に応じてプラグインにコンテキストオブジェクトを提供しますワークフローが失敗したり完了しなかったりした場合 ' コンテキストオブジェクトは一定の期間後に削除されます

    完了していないワークフローや未定義の状態で失敗したワークフローの場合、 install_path /etc/agent.properties: context_lifetime_in_msec = 1800000 (デフォルト値 30 分)で指定されている最大コンテキスト時間があります。この値を増やすと、 Snap Creator エージェントはより多くのメモリを占有します。

  • * プラグイン・ファクトリー *

    プラグインファクトリがプラグインを起動し、分離された空間で動作することを確認します。また、 Plug-in Factory は、格納された情報にアクセスするために Context Store と通信します。また、 Plug-in Integration Engine を使用して、 Snap Creator から Perl ベースおよびネイティブのプラグインを実行することもできます。

    Snap Creator エージェントは、 Java 以外の言語で記述されたプラグインも使用できます。