日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

APP コマンド

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

次の表に、アプリケーション( APP )コマンドを示します。

コマンドを実行します 説明

APP_CLE_CLONE _ROOT_Up_CMD##

これは、データベースのクローン作成後に実行されるスクリプトまたはコマンドです。 ## は、 01 ~ 99 の範囲の数値です。SAP システムで、 SAP ライセンスのインストール、データベーステーブルの調整、コンテンツの削除や更新、アプリケーションの起動など、アプリケーション固有のフォローアップアクティビティを実行する際に利用できます。

APP _ QUIESCE _ CMD ##

これは、アプリケーションをバックアップモードにするスクリプトまたはコマンドです。 ## は、 01 ~ 99 の範囲の数値です。 * 注: * この名前は、 SnapCreator で内部的に処理されるため、 APP_NAME を使用する場合は無視されます。

APP_UNQUIESCE _ CMD## の場合

これは、アプリケーションのバックアップモードを解除するスクリプトまたはコマンドです。 ## は、 01~99 の数字が入ります。* 注: * APP_NAME を使用している場合は、 SnapCreator で内部的に処理されるため、この設定が無視されます。

ARCH_CMD##

このコマンドはデータベースのアーカイブを処理します。他のスクリプトを実行するラッパーとしても使用できます。 ## は 01 ~ 99 の数値です。