日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Citrix XenServer プラグイン

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Snap Creator は、 Citrix XenServer プラグインを使用した、 Citrix XenServer 仮想マシン( VM )のバックアップおよびリストアをサポートしています。

注記 サポートと互換性のマトリックスに関する最新情報は、 Interoperability Matrix を参照してください。

Citrix XenServer プラグインは、 Windows と XenServer をサポートしています。

Citrix XenServer プラグインを使用するときは、次の点に注意してください。

  • プロキシとしての Active IQ Unified Manager サーバはサポートされていません。

  • Open Systems SnapVault を使用したマウント、アンマウント、およびバックアップ処理、およびアーカイブログの管理はサポートされていません。

  • ボリュームリストア処理はサポートされていません。アプリケーションで定義したリストア処理のみがサポートされます。

  • 削除された VM をリストアできます。

  • XenCenter がインストールされているホストに Snap Creator エージェントがインストールされている必要があります。また、 XenServer に Snap Creator サーバがインストールされていない必要があります。

  • SC_AGENT_TIMEOUT には、デフォルト値である 600 以上の値を指定してください。

  • APP_DEFINED_RESTORE の値が Y の場合は、 GUI を使用した SnapVault のリストア処理はサポートされません。

  • プールマスターがサーバプール内で停止した場合、 Snap Creator 構成ファイルを新しいマスターサーバで手動で変更し、さらなるアクティビティを行う必要があります。

  • XenServer ツールがすべての VM にインストールされている必要があります。

  • SAN 環境でファイバチャネルを使用する場合は、 Snap Creator エージェントがインストールされているホストに plink.exe ツールをインストールし、システム環境変数に plink.exe のパスを追加する必要があります。

    システム環境変数に plink.exe パスを追加する方法の詳細については、 Snap Creator Framework Installation Guide. を参照してください。

  • VM の一時停止と一時停止解除の処理は、順次実行されます。

    複数の VM がある場合、バックアップ処理中に VM が一時停止状態になる時間は、 VM の数によって異なります。

  • ボリュームの自動検出がサポートされています。

サポートされる Citrix XenServer 構成

次の Citrix XenServer 構成がサポートされています。

  • SAN

    • では、ストレージリポジトリごとに 1 つの仮想ディスクイメージ( VDI )を持つゲスト仮想マシンがサポートされます。

    • ストレージリポジトリごとに 1 つの VDI でデータディスクをサポートします

  • NAS

    • NFS マウントにインストールされているゲスト VM をサポートします。

    • NFS マウントのデータディスクをサポートします。

パラメータ

次の表に、 Citrix XenServer プラグインのパラメータとその説明を示します。

パラメータ

設定

説明

xon_VMs

ホスト IP : VM#

特定のホストの仮想マシンをスラッシュ( / )で区切って表示します。たとえば、 10.10.10.192 : VM1/VM2/VM3

xon_host_users

ホスト IP :ユーザ名 / パスワード

に、 Xen ホストおよびそれに対応するユーザ名とパスワードを示します。

xon_bin_path

例: c : \Program Files\Citrix\XenCenter\xe.exe

XenServer 実行ファイル( XE )のパスを指定します。VM メタデータのインポートとエクスポートには XenCenter コンソールが必要です。

xen メタデータパス

たとえば、 c : \scmetadata です

仮想マシンのメタデータをダウンロードできるサーバ上のパスを指定します。

xon_restore_VMs

例: xenserver1 : vm1 、 vm2 ; xenserver2 : vm1 、 vm2

リストアする VM が含まれています。このパラメータは、リストア処理の実行時にのみ必要です。

  • 関連情報 *