日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

DB2 プラグイン

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

DB2 プラグインは、 db2 コマンドを使用してデータベースと通信します。

次の表に、 DB2 プラグインのパラメータ、パラメータの設定、およびパラメータの説明を示します。

パラメータ 設定 説明

APP_NAME を使用している

DB2

アプリケーション名を提供します。

DB2_databases ( DB2_databases )

db_name : user_name

DB2 データベースおよびユーザ名をリストします。複数のデータベースおよびユーザ名は、セミコロンで区切ったリストとして指定できます。たとえば、「 db1 : user1 」、「 db2 : user2 」のようになります。

DB2_CMD と入力します

path_to db2cli_cmd

データベース接続の初期化に使用するパスを指定します。これにより、データベースでさらにコマンドを実行できます。

  • UNIX ベースの環境 : d b2_install_directory/sqllib/bin/db2 `

    たとえば '/home/db2inst1/sqllib/bin/db' のように指定します

  • Windows: 「 db2_install_directory\SQLLIB\bin\db2cmd.exe

    たとえば、「 C : \" プログラムファイル "\IBM\SQLLIB\bin\db2cmd.exe" です

パスが指定されていない場合は、 sqllib/db2 がパスとして使用されます。

  • 注 :* DB2 プラグインは ' デフォルトで Write Anywhere File Layout ( WAFL )操作を処理しますDB2 プラグインを使用して整合グループのバックアップをバックアップする場合は、パラメータを NTAP_CONSISTENCY_GROUP_wafl_sync パラメータに設定しますこのパラメータを Y に設定すると、冗長な同期処理が追加で実行されます。

サポートに関する最新情報や互換性マトリックスを確認するには、 Interoperability Matrix を参照してください。

  • 関連情報 *