日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

MySQL プラグイン

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

MySQL プラグインは、 Net-MySQL を使用してデータベースと通信します。

MySQL プラグインは、複数データベースのバックアップおよびリストア処理はサポートしていません。サポートと互換性に関する最新情報については、 Interoperability Matrix を参照してください。

Snap Creator 構成の場合、 MySQL データベースユーザには、 Super や reload などの権限と一緒にロックテーブル権限を付与する必要があります。

次の表に、 MySQL プラグインのパラメータ、およびその設定を示します。

パラメータ 設定 説明

APP_NAME を使用している

MySQL

アプリケーション名

mysql_databases

db_name : user_name password

MySQL データベース、ユーザ名、およびパスワードのリスト。ユーザ名とパスワードをセミコロンで区切ったリストとして複数のデータベースを指定できます。たとえば、「 db1:user1/pwd1 ; db2 : user2/pwd2 」と指定します。

ホスト

host_name

データベースが格納されているホストの名前。 * 注: * VALIDATE_VOLUMES は host=localhost の場合にのみ正しく機能します。host=ip_address の場合、 VALIDATE_VOLUMES は MySQL データベースを検出しません。

ポート

db_name : port_number

データベースとリスニングポートのリスト。例:「 db1:3307;DB2:3308

MASTER_SLAVE

Y

N

バックアップデータベース環境を指定します。 Y に設定すると、マスターデータベースがバックアップされます。

N に設定すると、スレーブデータベースがバックアップされるか、マスター / スレーブ設定が使用されません。

注記 Snap Creator Framework のバックアップでは、 Master_slave オプションが有効になっている MySQL サーバ上の必要な MySQL バイナリログファイルが削除されます。Snap Creator Framework を使用した MySQL (マスター)データベースのバックアップでは、すべてのバイナリログファイルが削除され、リセット番号( .000001 )が設定された空のバイナリログファイルが 1 つだけ残ります。この問題のため、バックアップ処理後にスレーブサーバを起動できません。

purge_binary_log

Y

  • 関連情報 *