日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

vFiler ユニットおよびインターフェイスに接続するためのパラメータ

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Snap Creator サーバを vFiler ユニットおよびインターフェイスに接続するには、いくつかのパラメータが必要です。

パラメータ 設定 説明

vFiler

vFiler ユニットとそのホスティングストレージシステムまたはボリュームをリスト表示します。例: vFiler1@controller1 : vol1 、 vol2 、 vol3 ; vFiler2@controller2 : vol1 ; vFiler3@controller3 : vol2 、 vol3 注: HTTPS は vFiler ユニットでサポートされていません。

MANAGEMENT _ インターフェイス

通信に使用されるプライマリストレージコントローラとその管理インターフェイスを表示します。例: MANAGEMENT_INTERFACES =controller1 : controller1-mgmt ; controller2 : controller2-mgmt

secondary_interfaces

プライマリストレージコントローラまたは vFiler ユニット、および SnapVault 関係と SnapMirror 関係のセカンダリインターフェイスのソースまたはデスティネーションを一覧表示します。例: controller1 : controller1-source/controller2-destination

注記 このセカンダリインターフェイスを使用するには、 SnapVault 関係と SnapMirror 関係が設定されている必要があります。Snap Creator では、 SnapMirror 関係と SnapVault 関係の管理は行われません。

プロキシを使用( _proxy )

Y

N

ストレージコントローラに直接ではなく Active IQ Unified Manager サーバのプロキシを通して API 呼び出しを実行できるようにします。このオプションを使用する場合、 NTAP_USERS は必要ありません。

allow_ip_addr

Y