日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Snapshot コピーのセットアップ用パラメータ

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Snap Creator サーバの Snapshot コピーのセットアップには、いくつかの構成ファイルパラメータが必要です。

パラメータ 設定 説明

NTAP_SNAPSHOT_retention_age の設定になります

Snapshot コピーの保持期間(日数)を定義できます。設定すると、 NTAP_SNAPSHOT_RETENTIONS パラメータで定義された数を超え、指定した保持期間(日数)よりも古い Snapshot コピーのみが削除されます。

SnapDrive

「 Y 」または「 N 」

Data ONTAP API の代わりに SnapDrive を使用して、 Snapshot コピーを作成できます。

snaps_discovery の応答に表示され

「 Y 」または「 N 」

ストレージ検出に SnapDrive を使用できます。SAN 環境または iSAN 環境では、 VALIDATE_VOLUMES パラメータを使用する場合は必須です。

NTAP_SNAPSHOT_DISABLE_DISABLE の設定です

「 Y 」または「 N 」

Snap Creator による Snapshot コピーの作成を無効にします。これにより、 Snap Creator で SnapManager または SnapMirror for SnapVault を処理できるようになります。この設定を機能させるには、 SnapManager Snapshot コピーが、 snapshot_copy_name-policy_recent という命名規則に従う必要があります。

NTAP_SNAPSHOT_NODELETE

「 Y 」または「 N 」

このパラメータは NTAP_SNAPSHOT_RETENTIONS パラメータよりも優先され、 Snapshot コピーが削除されなくなります。この変数を有効にすると、ボリュームがいっぱいになる可能性があります。

NTAP_SNAPSHOT_DELETE_CMD

Snapshot の保持数に基づいて、 Snap Creator ではなく SnapDrive 経由で Snapshot を削除します。 * 注:この SnapDrive コマンドで Snapshot の削除に使用されるすべてのボリューム(マウントドライブ)も構成ファイルに含める必要があります。

NTAP_SNAPSHOT_DELETE_by_PY_ENCY_ONLY

プライマリ

セカンダリ

両方

N

古い Snapshot コピーの削除を有効にします。このパラメータを使用するには、 NTAP_SNAPSHOT_retention_age パラメータを指定する必要があり、 Snapshot コピーの数ではなく、 Snapshot コピーの保持期間に基づいて強制的に削除します。

NTAP_SNAPSHOT_DEPENDENCY_IGNORE

「 Y 」または「 N 」

backupDel アクションによる Snapshot コピーの削除にのみ適用されます。依存関係のある Snapshot コピーは、手動で削除できません。

NTAP_SNAPSHOT_CREATE_CMD## の場合

Snapshot コピーを作成し、ファイルシステムのバッファをフラッシュします。 ## は 1 ~ 99 の数値です。* 注:この設定は、 SnapDrive パラメータを有効にする場合に必要です。Data ONTAP API を使用してもまだ他のすべての処理を実行できますが、 SnapDrive オプションを使用すると Snapshot コピーが作成されます。

NTAP_META_SNAPSHOT_CREATE_CMD##

メタデータボリュームの Snapshot コピーを作成し、ファイルシステムのバッファをフラッシュします。 ## は 1 ~ 99 の数値です。

NTAP_CONSISTENCY_GROUP_SNAPSHOT

「 Y 」または「 N 」

整合グループを使用して、複数のボリューム間で整合性のある Snapshot コピーを作成できるようにします。

NTAP_CONSISTENCY_GROUP_SNAPSHOT_RETRY_COUNT

障害発生時に整合グループ Snapshot を再試行する回数を指定します。

NTAP_CONSISTENCY_GROUP_SNAPSHOT_RETRY_WAIT

時間(秒)

整合グループ Snapshot の再試行が毎回発生するまでの待機時間を指定します。

NTAP_CONSISTENCY_GROUP_TIMEOUT

(緊急

リーラ XD )

ストレージコントローラが整合性を確保しながら Snapshot コピーをグループ化するのを待機する時間を指定します。

NTAP_CONSISTENCY_GROUP_wafl_sync

「 Y 」または「 N 」

cg-start の前に wafl 同期を通じて整合ポイント( CP )を強制し、整合グループの Snapshot コピーのパフォーマンスを改善します。* 注: DB2 プラグインを使用して整合グループのバックアップを実行する場合は、このパラメータを「 N 」に設定する必要があります。

NTAP_SNAPSHOT_RESTORE_AUTO_DETECT に設定されています

「 Y 」または「 N 」

無効にすると、単一ファイルのリストアを実行する場合に、常に Single File SnapRestore ( SFSR )が強制的に実行されます。

NTAP_SNAPSHOT_cleanup の設定になります

「 Y 」または「 N 」

バックアップの失敗時に作成された Snapshot コピーを削除します。

NTAP_USE_EXTERNAL_SNAPSHOT

「 Y 」または「 N 」

非 Snap Creator の Snapshot コピーのインポートを有効にします。最新の Snapshot コピーが一致します。

NTAP_EXTERNAL_SNAPSHOT_REGEX の設定