日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クローニング処理をセットアップするためのパラメータ

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Snap Creator サーバのクローニング処理をセットアップするには、いくつかのパラメータが必要です。

パラメータ 設定 説明

NTAP_CLONE_RESERVE の提供

なし

ファイル。

ボリューム

クローニングされたボリュームのスペースギャランティを指定します。

NTAP_CLONE_reservation を実行する必要があります

正しいです

いいえ

true に設定すると、 cloneLun アクションが選択されている場合、クローニングされた LUN 用にスペースがリザーブされます。それ以外の場合、スペースはリザーブされません。

NTAP_CLONE_IGROUP_MAP の場合

ストレージシステム、ソースボリューム、 igroup を指定します。次に、この igroup が、ボリュームクローンに存在するソースボリュームまたはクローン LUN (「 controller1 : src_volume1/igroup1 、 src_volume2/igroup1 、 src_volume3/igroup1 、 controller2 : src_volume1/igroup2 、 src_volume2/igroup2 、 src_volume2/igroup2 、 src_volume2/igroup2 、 src_volume3/igroup2 )にあるクローニングされた LUN にマッピングされます。* 注: *

  • LUN クローンの名前では、親のボリュームまたは LUN の名前のあとに、 _CLONE を付けます。つまり、ボリューム名が myvol の場合、クローン名は myvol_CLONE になります。

  • ボリュームクローン名は、 cl_ で始まり、 -YYYYMMDDHHMMSS で終わります。

NTAP_CLONE_IGROUP_BACKUP

Y

N

有効にすると、クローン(ボリュームと LUN )が作成され、他の処理が完了したあとで削除されます。有効にしないと、処理が完了する前にクローンが削除されます。* 注:クローンをテープにバックアップする場合は、 Y に設定してくださいデータベースを更新する場合は、 N に設定します

NTAP_CLONE_SECONDARY を使用します

Y

N

有効にすると、 SnapMirror 更新の完了後に、 SnapMirror デスティネーション上でクローンが作成されます。* 注:この設定は、 NTAP_SNAPMIRROR_USE_SNAPSHOT 、 NTAP_SNAPMIRROR_WAIT 、 NTAP_CLONE_SECONDARY_VOLUMES 、 cloneVol アクションと併用する必要があります。

NTAP_CLONE_SECONDARY_VOLUMES

この設定により、プライマリまたはセカンダリストレージシステムとセカンダリボリュームをマッピングします。Snap Creator がセカンダリボリュームを検出できるようにするには、この手順が必要です(例: controller1 : controller1-sec/vol1/vol1 ; controller1 : controller1-sec/vol2 )。

NTAP_NUM_vol_CLones の値です

保持するボリュームクローンの数を指定します。これは、 Snapshot コピーの保持ポリシーと同様に機能します。* 注: * FlexClone ライセンスが必要なボリュームクローンでのみ使用できます。

NTAP_NFS_EXPORT_HOST

ホスト IP

クローンのエクスポート先であるホスト名または IP アドレスです。これは、 NFS を使用してクローンボリュームをマウントするホストです。

NTAP_NFS_EXPORT_ACCESS の設定が可能です

ルート

読み書き可能です

読み取り専用です

NTAP_NFS_EXPORT_HOST で指定するホストに対して、クローンボリュームへのアクセスまたは権限が提供されます。

  • ルート

    root アクセスが許可されます。

  • 読み取り専用です

    読み取り専用アクセスが許可されます。

  • 読み書き可能です

    読み取り / 書き込みアクセスが許可されています。

NTAP_NFS_EXPORT_PERSISTENT

正しいです

いいえ

NFS エクスポートを維持するかどうかを指定します。true を選択すると、クローンボリュームがエクスポートされ、ストレージコントローラ上の /etc/exports にあるファイルが更新されます。

NTAP_DFM_EXPORT_ENABLE の設定

Y

N

CIFS を使用してクローンボリュームを共有するかどうかを設定します。