日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

イベント管理をセットアップするためのパラメータ

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Snap Creator サーバのイベント管理を設定するには、いくつかのパラメータが必要です。

パラメータ 設定 説明

NTAP_ASUP_ERROR_ENABLE の設定を変更します

「 Y 」または「 N 」

有効化 Snap Creator のエラーメッセージを表示し、ストレージコントローラ上の AutoSupport メッセージも記録します。Snap Creator は、バックアップの開始時および完了時に、常に情報 AutoSupport メッセージを作成します。

FAILUT_MSG

Snap Creator の障害時に定義された障害メッセージをログに記録します。SENDTRAP が定義されている場合は、このエラーメッセージを SENDTRAP に送信することもできます。

SENDTRAP

監視ソフトウェアや E メールと連携して、 Snap Creator で生成されたアラートを自身の監視インフラに渡すことができます。Snap Creator から送信されるメッセージは、 %MSG 変数で表されます。UNIX システムでは、以下の例のように E メールを送信できます。 SENDTRAP=/usr/bin/mailx -s %MSG myaddress@mydomain.com </dev/null

Windows システムで電子メールを送信するには、コマンドの前に「 cmd.exe /c 」を追加する必要があります。例: SENDTRAP= cmd.exe /c echo %how

success トラップ

監視ソフトウェアや E メールと連携して、 Snap Creator で生成された成功メッセージを自身の監視インフラに渡すことができます。Snap Creator の成功メッセージは、 %SUCCESS_MSG 変数で表されます。UNIX システムでは、以下の例のように E メールを送信できます。 SUCCESS_TRAP=/usr/bin/mailx -s %SUCCESS_MSG myaddress@mydomain.com </dev/null

Windows システムで電子メールを送信するには、コマンドの前に「 cmd.exe /c 」を追加する必要があります。例: SUCCESS_TRAP= cmd.exe /c echo %Hello

SUCCESS_MSG

Snap Creator のバックアップが成功すると、定義されたメッセージがログに記録されます。このメッセージは、 SUCCESS_TRAP が定義されている場合は SUCCESS_TRAP にも送信されます。 SENDTRAP が定義されている場合は、 SENDTRAP にも送信されます。