日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NetApp Management Console のデータ保護機能を設定するためのパラメータ

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

NetApp Management Console のデータ保護機能を設定するには、いくつかのパラメータを設定する必要があります。

パラメータ 設定 説明

NTAP_PM_UPDATE の場合

Y

N

NetApp Management Console データ保護機能の更新をオンまたはオフにして、 Snap Creator の Snapshot コピーを NetApp Management Console データ保護機能に登録できます。* 注: NTAP_PM_UPDATE が有効な場合は、 NTAP_DFM_DATA_SET の設定が必要です。

NTAP_DFM_DATA_SET の設定

ストレージシステムと NetApp Management Console のデータ保護機能のデータセットをボリューム相関に一覧表示します。 controller1 : Dataset1/vol1 、 vol2 、 controller1 : dataset2/vol3

NTAP_PM_run_backup の設定が可能です

Y

N

NetApp Management Console データ保護機能のバックアップを開始し、進捗状況とステータスを確認し、完了するまで待機します。

NTAP_DFM_SNAPSHOT_FORMAT の設定