日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Snap Creator エージェントのホストクライアントおよび Snap Creator サーバを設定するためのパラメータ

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Snap Creator エージェントのホストクライアントおよび Snap Creator サーバを設定するためのパラメータを理解しておく必要があります。

パラメータ 設定 説明

SC_AGENT_##

ホスト名または IP_address : port

1 つの構成を使用して、複数のリモートホスト上でコマンドまたはタスクを同時に実行します。タスクとは、定義済みのプラグイン( APP_NAME パラメータ)または _CMD コマンドで指定されたコマンド(例: NTAP_SNAPSHOT_CREATE_CMD01 )です。

リモートホストを指定するには、ホストの名前または IP アドレスのあとにコロンを入力し、さらに Snap Creator エージェントがリスンしているポートを入力する必要があります。

たとえば、 SC_AGENT_NUMBER = IP アドレス:ポート

SC_AGENT_01 = エージェント IP :エージェントポート

SC_AGENT_02 = エージェント IP :エージェントポート

リモートホスト上で Snap Creator エージェントを起動するには、 <path to scAgent_v<#>>/bin/scAgent start コマンドを実行します。

SC_CLONE_TARGET

クローンターゲットのホスト名または IP_address : port

クローン処理を有効にします。 { pre でパラメータ * cloneVol * を使用します

Post } _CLONE_CREATE_CMDxx パラメータを使用すれば、リモートサイドでリモートストレージオブジェクトを管理できます(ファイルシステムのマウントやアンマウントなど)。クローンターゲットを指定するには、ホストの名前または IP アドレスのあとにコロンを入力し、さらに Snap Creator エージェントのリスニングポートを入力する必要があります。

SC_AGENT_TIMEOUT

時間(秒)

エージェントサービスのタイムアウトを秒単位で指定します。実装されたクライアント / サーバアーキテクチャは、タイムアウトメカニズムを使用します。これは、指定された間隔でクライアントが応答しないと、サーバは失敗し、タイムアウトメッセージが表示されることを意味します。ただし、クライアント上のタスクは中止されず、さらに調査が必要になります。

デフォルトでは、タイムアウトは 300 秒に設定されています。負荷の高いサーバや長時間実行されているタスク(ユーザが作成したスクリプトや複雑な SnapDrive 処理など)があるサーバでは、タイムアウトを延長し、要件に応じてこの値を変更する必要があります。

このパラメータには、処理の最大所要時間を設定します(たとえば、休止に 1 、 800 分かかる場合は、このパラメータを 1800 に設定する必要があります)。

注記 一部のプラグインには、 SC_AGENT_TIMEOUT 値について固有の要件があります。

SC_AGENT_ウォッチドッグ 有効化

「 Y 」または「 N 」

SC_AGENT_watchdog_enable パラメータは、 Snap Creator エージェントのバージョンが 4.1 より前の場合にのみ適用されます。このパラメータは、 watchdog プロセスを有効または無効にします。Snap Creator エージェント 4.1 以降では、 watchdog プロセスが常に有効になっているため、このパラメータは無視されます。パラメータが有効( Y に設定)で、 Snap Creator エージェントのバージョンが 4.1 以降の場合、 watchdog プロセスは Snap Creator エージェントが休止要求を受信した時点で開始されます。

watchdog プロセスは、 SC_AGENT_UNQUIESCE_TIMEOUT パラメータをタイムアウトとして使用し、アプリケーションを休止解除します。パラメータが無効(つまり N に設定)で、 Snap Creator エージェントのバージョンが 4.1 より前の場合、 Watchdog プロセスはアプリケーションの休止を解除しますが、 scAgent/etc/agent.properties のパスから operation_timeout_in/msec パラメータ(デフォルト: 1 時間)を使用します。

注記 SC_AGENT_watchdog_enable パラメータは、 Snap Creator エージェント 4.1 では廃止され、 Snap Creator エージェント 4.0 でのみ使用できます。Snap Creator エージェント 4.1 以降では、このパラメータに設定された値に関係なく、 watchdog プロセスが有効になっています(ハードコードされているため)。

SC_AGENT_UNQUIESCE_TIMEOUT

時間(秒)

休止解除のタイムアウトを秒単位で指定します。Snap Creator エージェント 4.1 より前のバージョンでは、このパラメータは、 SC_AGENT_watchdog_enable が Y に設定されている場合にのみ使用されますSnap Creator エージェント 4.1 以降では、 Snap Creator エージェントの watchdog プロセスが常にオンであるため、パラメータは常に適用されます。 Snap Creator エージェントとの通信が不可能で、アプリケーションが休止状態の場合、 Snap Creator エージェントは、サーバと通信せずに、アプリケーションを自動的に通常モードの動作に戻します。デフォルトでは、休止解除タイムアウトは、 SC_AGENT_TIMEOUT パラメータの値、さらに 5 秒に設定されています。

SC_TMP_DIR

「 Y 」または「 N 」

ユーザ定義の代替の一時ディレクトリを使用して、 Snap Creator 関連のファイルを格納できます。ユーザがディレクトリを作成し、ユーザアクセスを管理します。プラグインは、一時ファイルを使用してデータベースとやり取りします。一時ファイルはホストのデフォルトの temp ディレクトリ内に作成され、すべてのユーザに書き込みアクセスが許可されています。一時ディレクトリがいっぱいの場合、 Snap Creator は一時ファイルの作成中にエラーを表示します。

SC_AGENT_LOG_ENABLE

「 Y 」または「 N 」