日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Snap Creator 構成ファイルの変数、パラメータ、コマンド

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

変数、パラメータ、およびコマンドは、 Snap Creator 構成ファイル内で定義できます。

Snap Creator 構成ファイルは動的に生成されるため、構成ファイル内に変数を作成したり、設定したりできます。

たとえば、 ONTAPI の代わりに SnapDrive for Windows を使用して Snapshot コピーを作成する場合などです。Snapshot コピー名は一意である必要があるため、動的な変数を設定する必要があります。次に、 SnapDrive for Windows の設定例を示します。

NTAP_SNAPSHOT_CREATE_CMD1= 「 c : \Program Files/NetApp/SnapDrive/sdcli.exe 」 snap create -m fx1b4 -s %SNAME - %SNAME - %SNAP_TYPE_%SNAP_TIME -D E :

または

NTAP_SNAPSHOT_CREATE_CMD1= 「 c : \Program Files/NetApp/SnapDrive/sdcli.exe 」 snap create -m fx1b4 -s %SNAME - %snap_type_recent -D E :

Snapshot コピーの削除に Data ONTAP ではなく SnapDrive for Windows を使用する場合は、 NTAP_SNAPSHOT_DELETE_CMDparameter を使用できます。SnapDrive for Windows コマンドでは、 Snapshot コピー名の代わりに %snapname パラメータを使用する必要があります。

次の例は、 SnapDrive for Windows の構成を示しています。

NTAP _ SNAPSHOT_DELETE_CMD01 = C : \Program Files\NetApp\SnapManager \ snap\sdcli " snap delete -s %snapname -D I :