日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapManager for Microsoft SQL Server プラグイン

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapManager for Microsoft SQL Server プラグインを使用すると、 Snap Creator 経由で Microsoft SQL Server のバックアップ処理を一元化できます。このプラグインを使用すると、 Snap Creator を通じて、 Microsoft SQL Server 用の数十または数百の SnapManager を設定し、 1 つのインターフェイスから SnapManager for Microsoft SQL のすべてのバックアップジョブとステータスを表示できます。

他のプラグインとは異なり、 SnapManager プラグイン( SnapManager for Microsoft SQL Server および SnapManager for Microsoft Exchange )は、 PowerShell を使用して SnapManager の既存のインストールと通信します。SnapManager プラグインを使用するには、 SnapManager 製品がすでにインストールされ、動作している必要があります。SnapManager プラグインでは、 new-backup PowerShell コマンドレットを使用して、 SnapManager 経由でバックアップを作成します。クローニングとリストアの処理は、いずれも引き続き SnapManager インターフェイスから実行する必要があります。

注記 サポートに関する最新情報や互換性マトリックスを確認するには、 Interoperability Matrix を参照してください。

SnapManager for Microsoft SQL Server プラグインを使用するときは、次の点を考慮する必要があります。

  • Snap Creator エージェントは、 SnapManager for Microsoft SQL Server と同じホストにインストールする必要があります。SC_AGENT_TIMEOUT には、 900 以上の値を設定してください。

  • PowerShell は、 Windows PowerShell のデフォルトのインストール場所( C : \WINDOWS\system32\WindowsPowerShell\v1.0 など)にインストールされている必要があります。

次の表に、 SnapManager for Microsoft SQL Server プラグインのパラメータ、およびその設定を示します。

パラメータ 設定 説明

SMSQL_PS_CONF

例:「 C : \Program Files\NetApp\SnapManager for SQL Server\smsqlShell.psc1 」

SnapManager for Microsoft SQL Server の PowerShell 構成ファイルへのパスを指定します。

SMSQL_Backup_options

例: -svr 'QL' -d 'sql\SharePoint' 、 '1' 、 'WSS_Content' -RetainBackups 7-lb-bksif -RetainSnapofSnapInfo 8-trlog-gen-mgmt standard

SnapManager for Microsoft SQL Server のバックアップオプションを指定します。 Snap Creator は、新規バックアップ用に PowerShell コマンドレットを使用します。

SMSQL_server_name

例: SQL\SharePoint

SnapManager for Microsoft SQL Server の名前を指定します。

SMSQL_32bit

Y

N

  • 関連情報 *