日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

VMware VIBE プラグイン

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Snap Creator は、 VMware VIBE プラグインを使用した VMware 仮想マシンおよび vApp のバックアップをサポートします。VMware プラグインは、仮想マシンと vSphere および vApps と vCloud Director の両方の組み合わせに対応する統合プラグインです。

VMware VIBE プラグインを使用するときは、次の点を考慮してください。

  • VMware プラグインは、 Windows および Linux でのみサポートされています。

    Windows 以外または Linux 以外の Snap Creator サーバを使用している場合、 VMware プラグインを実行するには、 Snap Creator の Windows エージェントまたは Linux エージェントが必要です。

  • プロキシとしての Unified Manager サーバはサポートされていません。

  • Open Systems SnapVault を使用したマウント、アンマウント、およびバックアップ処理とアーカイブログの管理はサポートされていません。

  • VMware プラグインを使用した VMware HA はテストされていないため、サポートされていません。

  • VMware vCenter リンクモードおよび VMware プラグインの組み合わせはテストされていないため、サポートされていません。

  • VMware プラグインは、 raw device mapping ( RDM ; raw デバイスマッピング)をサポートしていません。

  • ボリュームは自動検出を使用して検出されます。

    検出されたデスティネーションボリュームは、 SnapMirror 関係にない場合は表示できません。dpstatus コマンドを使用して、 SnapMirror 関係を確認できます。SnapMirror 関係が存在しない場合は、まず SnapMirror 関係を作成する必要があります。

  • リストア処理を実行する前に、すべての VMware Snapshot コピーを削除する必要があります。

  • リストア処理の完了後、リストアした仮想マシンおよび vApp の Snap Creator バックアップを実行し、新しい環境をクリーンアップしてすべての VMware Snapshot コピーを削除する必要があります。

    VMware プラグインを使用しても VMware Snapshot コピーをクリーンアップできずにエラーが表示される場合は、 VMware Snapshot コピーを手動で削除する必要があります。VMware プラグインによって VMware スナップショットコピーの削除が 100% 保証されるわけではありません。これは、 VMware 問題と呼ばれています。

  • VMware プラグインがサポートしているのは、 32 ビットの Snap Creator と 32 ビットの Linux システムの組み合わせ、および 64 ビットの Snap Creator と 64 ビットの Linux システムの組み合わせのみです。

  • 削除された仮想マシンはリストアできません。

  • ボリュームリストア処理はサポートされていません。アプリケーションで定義したリストア処理のみがサポートされます。

  • SC_AGENT_TIMEOUT パラメータの値は、 1 、 800 以上に設定してください。

  • VIBE_VMWARE_SNAPSHOT パラメータ( VMware snapshot オプション)のデフォルト値は N です

  • APP_DEFINED_RESTORE の値が Y の場合は、グラフィカルユーザインターフェイス( GUI )を使用した SnapVault のリストア処理はサポートされません。

  • GUI を使用して SnapMirror と SnapVault の構成を作成する場合、 SnapMirror と SnapVault の関係は自動的には検出されないため、 SnapMirror と SnapVault のパラメータを手動で入力する必要があります。

  • VMware プラグインによって、 ISO でマウントされたパスがデータストアとして検出されます。

次の表に、 VMware VIBE プラグインのパラメータ、パラメータ設定、およびパラメータについて説明します。

パラメータ 設定 説明

VIBE_DYNAMIC VOLUMES _ UPDATE

Y または n デフォルト:設定されていません

このパラメータを N に設定すると、動的なボリューム更新は実行されません。つまり、 VOLUMES 、 SNAPVAULT_VOLUMES 、 SNAPMIRROR_VOLUMES 、 NTAP_DFM_DATA_SET の各パラメータを手動で設定する必要があります。

VIBE_NOPING

デフォルト: N

VMware プラグインまたはストレージコントローラへの ping に Internet Control Message Protocol ( ICMP )を使用しないように指定します。

VIBE_VCLOUD_IPADDR

該当なし

へのログインに使用する vCloud Director の IP アドレスまたはホスト名を指定します( vCloud のみ)。

VIBE_VCLOUD_USER

該当なし

vCloud Director へのログインに使用するユーザ名を指定します( vCloud のみ)。@org または @system (最上位の vCloud データベース)を設定する必要があります。

注記 バックアップ処理とリストア処理を実行するには、 vCloud Director のシステム管理者のユーザ名を使用する必要があります。組織の管理者クレデンシャルまたはその他のユーザクレデンシャルを使用している場合、これらの処理は失敗します。

例 : 「 administrator@system` 」

VIBE_VCLOUD_PASSWD

該当なし

指定した VIBE_VCLOUD_USER に関連付けられたパスワードを指定します( vCloud のみ)。

VIBE_VCENTER_USER

該当なし

vCenter へのログインに使用するユーザ名を指定します。

VIBE_VCENTER_PASSWD

該当なし

指定した VIBE_VCENTER_USER に関連付けられているパスワードを指定します。

VIBE_VCLOUD_NAMES の機能を使用します

該当なし

バックアップする組織名、仮想データセンター名、 vApp オブジェクト名を一覧表示します( vCloud のみ)。例:「 org : VDC1 、 VDC2 : VAPP1 、 VAPP2 、 Org2 : VDC3 : ORG3 : VAPP6 」

VIBE_VSPHERE_NAMES

該当なし

に、 vCenter 単位でバックアップするデータストアと仮想マシンを示します( vSphere のみ)。例:「 VCENTER1 : DS1 : VM1 ; VCENTER2 ; DS2 、 DS3 :; VCENTER3 : VM4

VIBE_TRIM_VSPHERE_NAMES の名前

該当なし

に、 vCenter ごとのバックアップから削除する仮想マシンを示します( vSphere のみ)。例:「 VCENTER1 : VM99 」、「 VCENTER2 : VM5 、 vm12 」

VIBE_RESTORE_INTERVAL

デフォルトは「 30 秒」です

リストアチェックの間隔を指定します。

VIBE_RESTORE_TIME の設定

デフォルト: '3600 秒

リストア処理が完了するまでの待機時間の合計を指定します。

VIBE_VMWARE_SNAPSHOT

デフォルト: N

バックアップ中に VMware スナップショットコピーを作成します。

VIBE_IGNORE_exportfs = Y または N

デフォルト: N

このパラメータは、 Snap Creator の VIBE 構成ファイルに手動で追加する必要があります。

値が Y に設定されている場合、 Data ONTAP 7-Mode 構成では、コントローラの exportfs 値は無視されます。代わりに、 Data ONTAP はボリュームエクスポートパスを /vol/datastore_name としてマッピングします。この場合、データストア名はバックアップ用に指定されます。vFiler ユニットを使用している古い環境では、個々のデータストアの exportfs 情報を vFiler ユニットから取得できないため、この方法が使用されることがあります。代わりに、 vfiler0 にクエリに基づいてパスをマッピングする必要があります。

  • 関連情報 *