日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

インストール後に Snap Creator エージェントのポートを変更する

寄稿者 NetAppZacharyWambold このページの PDF をダウンロード

Snap Creator エージェントがリスンしているポートを変更するには、 Snap Creatoragent.properties ファイルで変更を行い、エージェントを再起動します。

Snap Creator エージェントのポートを変更する手順は、 Windows と UNIX で同じです。次の手順では、 UNIX 環境の例を使用します。

  1. Snap Creator エージェントが実行されているシステムにログインし、インストールディレクトリ内の etc サブディレクトリに移動します。

    cd /install_path/scAgent4.3.0/etc
  2. テキストエディタを使用して agent.properties ファイルを開きます。

  3. default_port パラメータの値を新しいポートに変更します(デフォルトでは、ポートは 9090 )。

    たとえば、ポート 9191 を使用するには、 default_port パラメータを次のように変更します。

    DEFAULT_PORT=9191
  4. agent.properties ファイルを保存して閉じます。

  5. Snap Creator エージェントを再起動します。

    /install_path/scAgent4.3.0/bin/scAgent restart
    注記 allowed_command.config ファイルまたは agent.properties ファイルを変更したときに Snap Creator エージェントが実行されている場合は、エージェントを再起動する必要があります。