日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

グローバル構成ファイルを作成しています

寄稿者 NetAppZacharyWambold このページの PDF をダウンロード

グローバル構成ファイルを作成して、ストレージコントローラ、 Storage Virtual Machine ( SVM )、または VMware クレデンシャルの設定をバックアップポリシーと分離できます。

グローバル構成ファイルを使用すると、アクセスを制御し、バックアップおよびリストア処理を実行できます。

次の 2 種類のグローバル構成ファイルを作成できます。

  • * スーパーグローバル *

    この設定では、すべてのプロファイルのすべての設定が環境されます。

  • * プロファイルグローバル *

    この構成では、プロファイル内に作成されたすべての構成が環境されます。

    1. Snap Creator の GUI のメインメニューで、 * Management * > * Global Configurations * を選択します。

    2. グローバル構成ペインで、 * グローバル作成 * をクリックします。

      右側のペインにグローバル構成の設定ウィザードが開きます。

    3. 設定ウィザードに入力して構成ファイルを作成します。

      1. [Configuration] ページで、グローバルコンフィギュレーションタイプ( [Super Global] または [Profile Global] )を選択します。

        構成ファイルの名前は、デフォルトでグローバルに設定されています。この名前は変更できません。

        グローバル構成タイプとして Profile Global を選択した場合は、プロファイルを選択します。

      注記 デフォルトでは、構成ファイルにパスワードがクリアテキストで表示されないように、パスワード暗号化が有効になっています。
      1. [ プラグインの種類 ] ページで、プラグインの種類を選択します。

        ウィザードで表示されるページは、選択したオプションによって異なります。

    プラグインタイプオプション 次のページ 次のページ

    仮想化プラグイン

    • 仮想化プラグイン * 設定するプラグインを選択します。

    • 認証情報 * 選択したプラグイン・オプションの認証情報を入力します。

    なし

    • ストレージ接続設定 *

    + プラグインクレデンシャルの詳細については、プラグインのドキュメントを参照してください。

    1. Storage Connection Settings ページで、転送タイプ( HTTP または HTTPS )を選択します。

      選択した転送タイプの標準ポートが表示されます。ストレージシステムで非標準ポートが使用されている場合は、ポートのフィールドにポート情報を入力します。

    2. コントローラ / SVM のクレデンシャルページで、この構成ファイルにボリュームが含まれている各ストレージコントローラまたは SVM の IP アドレスとログインクレデンシャルを入力します。

      注記 構成には、少なくとも 1 台のストレージコントローラまたは SVM を追加する必要があります。
    3. コントローラのクレデンシャルページで、コントローラが正しい情報を表示していることを確認します。

      変更が必要な場合は、コントローラを選択し、 * Edit * をクリックします。

    4. DFM / OnCommand の設定ページで、 Snap Creator 構成と NetApp OnCommand 管理ツールを統合する場合は、を選択して詳細を指定します。

    5. 概要を確認し、 [ 完了 ] をクリックします。