日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

アプリケーションで定義したリストア処理を実行しています

寄稿者 NetAppZacharyWambold このページの PDF をダウンロード

VMware 、 KVM 、 Xen のプラグインを使用している場合、 Snap Creator の GUI を使用してアプリケーションで定義したリストア処理を実行できます。

特定の VMware 環境では、リストア処理に時間がかかることがあります。このような場合は、 Snap Creator の CLI を使用するか、バックアップ用とリストア用の 2 つのエージェントをセットアップします。

注記 GUI を使用した VMware のリストア処理は、 Snap Creator エージェントの場合にのみサポートされます。
  1. Snap Creator の GUI メインメニューから、 * Management * > * Configurations * を選択します。

  2. [* 構成 *] タブの [ プロファイルと構成 ] ペインで、構成ファイルを選択します。

  3. [ * アクション * > * 復元 * ( Action * > * Restore * ) ] を選択

    右側のペインに [ アプリケーション定義の復元 ] ダイアログボックスが表示されます。

  4. リストアの詳細を入力し、「 * OK * 」をクリックします。

    リストアアプリケーションが定義されました