日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

解決策コンポーネントをバックアップする

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

Snap Creator Backup 解決策 for SAP HANA は、ストレージベースの Snapshot コピーを使用した SAP HANA データファイルのバックアップ、セカンダリのオフサイトのバックアップ先へのデータファイルのバックアップ、 HANA データベースログバックアップ機能を使用した SAP HANA ログファイルのバックアップ、ファイルベースのバックアップを使用したデータベースブロックの整合性チェックで構成されます。 不要なデータファイル、ログファイルのバックアップ、 SAP HANA のバックアップカタログの削除も可能です。

データベースのバックアップは、 Snap Creator によって SAP HANA 用プラグインと組み合わせて実行されます。このプラグインは、データベースの整合性を保証するために、プライマリストレージシステムで作成される Snapshot コピーが、 SAP HANA データベースの整合性のあるイメージに基づいて作成されます。

Snap Creator では、 SnapVault を使用して、整合性のあるデータベースイメージをセカンダリストレージにレプリケートできます。一般に、プライマリストレージのバックアップとセカンダリストレージのバックアップには、異なる保持ポリシーが定義されます。Snap Creator は、プライマリストレージおよびセカンダリストレージでの保持を処理します。

ログバックアップは、 SAP HANA データベースツールによって自動的に実行されます。ログバックアップのデスティネーションは、データベースのログボリュームが配置されているストレージシステムには設定しないでください。データベースのバックアップが SnapVault でレプリケートされるようにする、同じセカンダリストレージにログバックアップデスティネーションを設定することを推奨します。この構成では、ログバックアップが常にセカンダリストレージに書き込まれるように、セカンダリストレージにもプライマリストレージと同様の可用性要件があります。

SAP HANA データベースとログのバックアップ

バックアップスケジュールと保持ポリシーは、お客様の要件に基づいて定義する必要があります。次の表に、各種のスケジュールと保持ポリシーの設定例を示します。

Snap Creator によって実行されます プライマリストレージ セカンダリストレージ

データベースのバックアップ

スケジュール 1 : 4 時間ごと

保持数: 6 ( => 6 時間単位の Snapshot コピー)

保持数: 6 ( => 6 時間単位の Snapshot コピー)

スケジュール 2 : 1 日に 1 回

保持数: 3 ( =>3 日ごとの Snapshot コピー)

保持期間: 28 ( 4 週間)( =>28 日ごとの Snapshot コピー)

ログバックアップ

SAP HANA データベースツールのスケジュール: 15 分ごと

該当なし

保持期間: 28 日( 4 週間)

ブロック整合性チェック

この例では、毎時 6 回のバックアップと日次 3 回のバックアップがプライマリストレージに保持されます。セカンダリストレージでは、データベースバックアップが 4 週間保持されます。いずれかのデータバックアップをリカバリできるようにするには、ログバックアップに対して同じ保持設定を行う必要があります。