日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

このガイドで前提条件を設定します

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

一般的な Snap Creator のインストールでは、サーバが 1 つのホストにインストールされ、エージェントが別のホストにインストールされていると想定していますが、このガイドで使用しているセットアップは、 SAP HANA マルチノードアプライアンスに基づいています。

この構成では、 SAP HANA データベースは 3+1 データベースノード構成で実行され、すべての Snap Creator ソフトウェアコンポーネント(サーバ、エージェント、プラグイン)が同じホストにインストールされます。

このセットアップで使用したネットアップストレージシステムは、 Data ONTAP 7-Mode を実行しています。ストレージレイヤでは、ハイアベイラビリティ( HA )コントローラペアが 1 つ使用されます。3 つの SAP HANA データベースノードのデータボリュームとログボリュームは、両方のストレージコントローラに分散されます。このセットアップ例では、別の HA コントローラペアの 1 台のストレージコントローラをセカンダリストレージとして使用します。各データボリュームは、セカンダリストレージ上の専用バックアップボリュームにレプリケートされます。バックアップボリュームのサイズは、セカンダリストレージに保持するバックアップの数によって異なります。

ここで説明する Snap Creator と SAP HANA Studio の操作は、すべて clustered Data ONTAP を実行するストレージシステムと同じです。ただし、ストレージシステムでの SnapVault の初期設定およびストレージで直接実行する必要があるすべての SnapVault コマンドは、 clustered Data ONTAP と異なります。相違点については、このガイドで説明します。

次の図は、プライマリストレージ上のデータボリュームと、セカンダリストレージへのレプリケーションパスを示しています。

は、プライマリストレージのデータボリュームと、セカンダリストレージへのレプリケーションパスを示しています。
注記 バックアップする必要があるすべてのボリュームがセカンダリストレージコントローラ上に作成されている必要があります。この例では、セカンダリストレージコントローラに、ボリューム backup_data_00001 、 backup_data_00002 、および backup_data_00003 が作成されています。