日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SAP HANA データベースのリストアとリカバリ

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SAP HANA Studio と Snap Creator を使用して、 SAP HANA データベースのリストアとリカバリを行います。

  1. SAP HANA Studio での操作:

    1. SAP HANA システムのリカバリを選択します。

    2. SAP HANA システムがシャットダウンされます。

    3. リカバリのタイプを選択します。

    4. ログのバックアップ先を指定します。

    5. データバックアップのリストが表示されます

    6. 外部バックアップ ID を表示するには、バックアップを選択します。

  2. clustered Data ONTAP のみを実行するストレージシステムの場合:

    1. 最新のバックアップ以外のバックアップがリストアに使用されている場合にのみ必要です。

    2. プライマリ・ストレージからの Volume SnapRestore にのみ必要です

    3. SnapVault 関係を非アクティブ化します

  3. Snap Creator 内:

    1. SAP HANA システムの場合は、 [Restore] を選択します。

    2. プライマリストレージでバックアップを使用できるかどうかに応じて、プライマリストレージまたはセカンダリストレージからリストアを選択します。

    3. ストレージコントローラ、ボリューム名、および Snapshot コピー名を選択します。Snapshot コピー名が、以前のバックアップ ID に関連付けられています。

    4. マルチノード SAP HANA システムの場合、複数のボリュームをリストアする必要があります。

      1. 「 * リストア項目を追加」を選択します。

      2. ストレージコントローラ、ボリューム名、および Snapshot コピー名を選択します。

      3. 必要なすべてのボリュームについて、このプロセスを繰り返します。

    5. マルチテナントデータベースコンテナ( MDC )のシングルテナントデータベースシステムの場合は、システムデータベースとテナントデータベースの両方がリストアされます。

    6. リストアプロセスが開始されます

    7. すべてのボリュームのリストアが終了しました。

  4. データベースノードで、すべてのデータボリュームをアンマウントしてマウントし、「古い NFS ハンドル」をクリーンアップします。

  5. SAP HANA Studio での操作:

    1. バックアップ・リストで [* 更新 ] を選択します。

    2. リカバリに使用できるバックアップを選択します(緑の項目)。

    3. リカバリプロセスを開始します。

    4. マルチテナントデータベースコンテナ( MDC )のシングルテナントデータベースシステムの場合は、最初にシステムデータベースのリカバリプロセスを開始してから、テナントデータベースのリカバリプロセスを開始します。

    5. SAP HANA システムが起動します。

  6. (オプション)リストアしたすべてのボリュームの SnapVault 関係を再開します。

    注記 この手順は、ストレージシステムで、最新のバックアップ以外のバックアップがリストアに使用されている場合にのみ必要になります。