日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

clustered Data ONTAP との SnapVault 関係の開始

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapVault 関係を開始する前に、 SnapMirror ポリシーを定義する必要があります。

  1. clustered Data ONTAP を実行しているストレージシステムで SnapVault 関係を開始する場合は、次のコマンドを実行します。

    hana::> snapmirror policy create -vserver hana2b -policy SV_HANA
    hana::> snapmirror policy add-rule -vserver hana2b -policy SV_HANA -snapmirror-label daily -keep 20
    hana::> snapmirror policy add-rule -vserver hana2b -policy SV_HANA -snapmirror-label hourly -keep 10
    
    hana::> snapmirror policy show -vserver hana2b -policy SV_HANA
    
                       Vserver: hana2b
        SnapMirror Policy Name: SV_HANA
                  Policy Owner: vserver-admin
                   Tries Limit: 8
             Transfer Priority: normal
     Ignore accesstime Enabled: false
       Transfer Restartability: always
                       Comment: -
         Total Number of Rules: 2
                    Total Keep: 8
                         Rules: Snapmirror-label  Keep Preserve Warn
                                ----------------- ---- -------- ----
                                daily              20  false      0
                                hourly             10  false      0

    このポリシーには、 Snap Creator の構成で使用されるすべての保持クラス(ラベル)のルールが含まれている必要があります。上記のコマンドは、専用の SnapMirror ポリシー sv_HANA を作成する方法を示しています

  2. バックアップクラスタのクラスタコンソールで SnapVault 関係を作成して開始するには、次のコマンドを実行します。

    hana::> snapmirror create -source-path hana1a:hana_data -destination-path
    hana2b:backup_hana_data -type XDP –policy SV_HANA
    Operation succeeded: snapmirror create the relationship with destination
    hana2b:backup_hana_data.
    
    hana::> snapmirror initialize -destination-path hana2b:backup_hana_data -type XDP