日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapCenter Custom Plug-ins の概要

寄稿者

使用するアプリケーション用のカスタムプラグインを開発し、 SnapCenter を使用してそれらのアプリケーションのバックアップ、リストア、クローニングを行うことができます。カスタムプラグインは、他の SnapCenter プラグインと同様に NetApp SnapCenter ソフトウェアのホスト側コンポーネントとして機能し、アプリケーションに対応したリソースのデータ保護と管理を実現します。

Custom Plug-ins をインストールすると、 SnapCenter と NetApp SnapMirror テクノロジを使用して別のボリュームのバックアップセットのミラーコピーを作成し、 NetApp SnapVault テクノロジを使用してディスクツーディスクのバックアップレプリケーションを実行できます。Custom Plug-ins は、 Windows と Linux のどちらの環境でも使用できます。

注記 SnapCenter CLI では、 SnapCenter Custom Plug-ins コマンドはサポートされていません。

ネットアップは、 SnapCenter に組み込まれているカスタムプラグインフレームワークを使用して、 ONTAP ストレージ上でデータボリュームのデータ保護処理を実行するためのストレージプラグインを提供しています。

カスタムプラグインとストレージプラグインは、ホストの追加ページからインストールできます。

ネットアップでは、 MySQL 、 MaxDB 、 DB2 、 Sybase 、 DPGLUE も提供しています。 MongoDB 、 ORASCPM 、 PostgreSQL のカスタムプラグイン。これらのプラグインは、からダウンロードできます "NetApp Storage Automation Store の略"

注記 SnapCenter のサポートポリシーでは、 SnapCenter カスタムプラグインフレームワーク、コアエンジン、および関連する API のサポートについて説明します。サポートは、プラグインのソースコードと、カスタムプラグインフレームワーク上に構築された関連スクリプトについては説明しません。

独自のカスタムプラグインは、を参照して作成できます "アプリケーション用のプラグインを開発します"