日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

バックアップを管理します

寄稿者 netapp-soumikd netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

バックアップは、名前変更および削除することができます。複数のバックアップを同時に削除することもできます。

バックアップの名前を変更する

検索を簡単にするために、バックアップの名前を変更できます。

  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 * リソース * をクリックし、リストから適切なプラグインを選択します。

    2. [ リソース ] ページで、 [* 表示 *] ドロップダウンリストからリソースまたはリソースグループを選択します。

    3. リストからリソースまたはリソースグループを選択します。

      リソースまたはリソースグループのトポロジページが表示されます。リソースまたはリソースグループがデータ保護用に設定されていない場合は、トポロジページの代わりに Protect (保護)ウィザードが表示されます。

    4. [ コピーの管理 ] ビューで、プライマリ・ストレージ・システムから [* バックアップ ] を選択します。

      セカンダリストレージシステムにあるバックアップは名前を変更できません。

    Oracle Recovery Manager ( RMAN )を使用して Oracle データベースのバックアップをカタログ化した場合、そのカタログ化されたバックアップの名前は変更できません。

    1. バックアップを選択し、をクリックします 名前変更アイコン

    2. [ バックアップ名を * に変更 ] フィールドに新しい名前を入力し、 [OK] をクリックします。

バックアップを削除します

他のデータ保護処理に使用する必要がなくなったバックアップは、削除することができます。

  • 必要なもの *

バックアップを削除する前に、関連付けられているクローンを削除しておく必要があります。

注記 クローンリソースに関連付けられたバックアップは削除できません。
  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 * リソース * をクリックし、リストから適切なプラグインを選択します。

    2. [ リソース ] ページで、 [* 表示 *] ドロップダウンリストからリソースまたはリソースグループを選択します。

    3. リストからリソースまたはリソースグループを選択します。

      リソースまたはリソースグループのトポロジページが表示されます。

    4. [ コピーの管理 ] ビューで、プライマリ・ストレージ・システムから [* バックアップ ] を選択します。

      セカンダリストレージシステム上のバックアップは削除できません。

    5. バックアップを選択し、をクリックします

      SAP HANA データベースのバックアップを削除する場合は、バックアップに関連付けられている SAP HANA カタログも削除されます。

    注記 最後の残りのバックアップを削除すると、関連付けられている HANA カタログのエントリを削除できなくなります。
    1. [OK] をクリックします。

      注記 SnapCenter に、対応するバックアップがストレージシステムに存在しない古いデータベースバックアップがある場合は、 remove-smbackup コマンドを使用して、これらの古いバックアップエントリをクリーンアップする必要があります。古いバックアップがカタログ化されている場合は、リカバリカタログデータベースからカタログ化が解除されます。