日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ホストを管理します

寄稿者 netapp-soumikd netapp-nsriram netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

ホストを追加して、 SnapCenter プラグインパッケージをインストールしたり、検証サーバを追加したり、ホストを削除したり、バックアップジョブを移行したり、ホストを更新してプラグインパッケージをアップグレードしたりすることができます。使用するプラグインに応じて、ディスクのプロビジョニング、 SMB 共有の管理、イニシエータグループ( igroup )の管理、 iSCSI セッションの管理、データの移行も可能です。

実行できるタスク Microsoft Exchange Server の場合 Microsoft SQL Server の場合 ( Microsoft Windows の場合) for Oracle Database の略 for SAP HANA Database の略 Custom Plug-ins の場合

ホストを追加してプラグインパッケージをインストールする

はい。

はい。

はい。

はい。

はい。

はい。

ホストの ESXi 情報を更新します

いいえ

はい。

いいえ

いいえ

いいえ

いいえ

スケジュールを一時停止し、ホストをメンテナンスモードにします

はい。

はい。

はい。

はい。

はい。

はい。

プラグインを追加、アップグレード、削除して、ホストを変更する

はい。

はい。

はい。

はい。

はい。

はい。

SnapCenter からホストを削除します

はい。

はい。

はい。

はい。

はい。

はい。

プラグインサービスを開始する

はい。

はい。

はい。

はい。

はい。

はい。

ディスクをプロビジョニング

いいえ

いいえ

はい。

いいえ

いいえ

いいえ

SMB 共有を管理します

いいえ

いいえ

はい。

いいえ

いいえ

いいえ

igroup を管理します

いいえ

いいえ

はい。

いいえ

いいえ

いいえ

iSCSI セッションを管理します

いいえ

いいえ

はい。

いいえ

いいえ

仮想マシン情報を更新します

VMware vCenter のクレデンシャルに変更があった場合、またはデータベースまたはファイルシステムホストが再起動した場合は、仮想マシン情報を更新する必要があります。SnapCenter で仮想マシン情報を更新すると、 VMware vSphere vCenter との通信が開始され、 vCenter クレデンシャルが取得されます。

注記 RDM ベースのディスクは、データベースホストにインストールされた SnapCenter Plug-in for Microsoft Windows で管理されます。RDM を管理するために、 SnapCenter Plug-in for Microsoft Windows は、データベースホストを管理する vCenter Server と通信します。
  • 手順 *

    1. SnapCenter の左ナビゲーションペインで、 * Hosts * をクリックします。

    2. [Hosts] ページで、 [*Managed Hosts] をクリックします。

    3. [Managed Hosts] ページで、更新するホストを選択します。

    4. [* VM の更新 * ] をクリックします。

プラグインホストを変更します

プラグインのインストール後に、必要に応じてプラグインホストの詳細を変更できます。SnapCenter Plug-in for Microsoft SQL Server 、 Group Managed Service Account ( gMSA ;グループ管理サービスアカウント)、およびプラグインポートのクレデンシャル、インストールパス、プラグイン、ログディレクトリの詳細を変更できます。

注記 プラグインのバージョンが SnapCenter サーバのバージョンと同じであることを確認します。
  • このタスクについて *

  • プラグインポートを変更できるのは、プラグインのインストール後です。

    アップグレード処理の実行中は、プラグインポートを変更できません。

  • プラグインポートを変更する際には、次のポートのロールバックシナリオに注意する必要があります。

    • スタンドアロンセットアップでは、 SnapCenter がいずれかのコンポーネントのポート変更に失敗した場合、処理は失敗し、すべてのコンポーネントで古いポートが保持されます。

      すべてのコンポーネントでポートが変更されたものの、いずれかのコンポーネントが新しいポートでの起動に失敗した場合、すべてのコンポーネントで古いポートが保持されます。たとえば、スタンドアロンホスト上の 2 つのプラグインのポートを変更しようとして、 SnapCenter がどちらかのプラグインに新しいポートを適用できなかった場合、処理は失敗し(該当するエラーメッセージが表示される)、両方のプラグインで古いポートが保持されます。

    • クラスタセットアップでは、 SnapCenter がいずれかのノードにインストールされているプラグインのポート変更に失敗した場合、処理は失敗し、すべてのノードで古いポートが保持されます。

      たとえば、クラスタセットアップの 4 つのノードにプラグインがインストールされていて、いずれか 1 つのノードでポートが変更されなかった場合、すべてのノードで古いポートが保持されます。

GMSA と一緒にプラグインをインストールした場合、 * その他のオプション * ウィンドウで変更できます。GMSA をインストールせずにプラグインをインストールする場合、 GMSA アカウントを指定してプラグインサービスアカウントとして使用できます。

  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 * Hosts * (ホスト)をクリックします。

    2. 上部で [Managed Hosts] が選択されていることを確認します。

    3. 変更するホストを選択し、任意のフィールドを変更します。

      一度に変更できるフィールドは 1 つだけです。

    4. [Submit (送信) ] をクリックします。

  • 結果 *

ホストが検証され、 SnapCenter サーバに追加されます。

プラグインサービスを開始または再起動します

SnapCenter プラグインサービスを開始すると、サービスが実行されていない場合は開始し、サービスが実行されている場合は再起動することができます。サービスの再起動は、メンテナンスの実行後などに必要になることがあります。

サービスの再開時にジョブが実行されていないことを確認してください。

  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 * Hosts * (ホスト)をクリックします。

    2. [Hosts] ページで、 [*Managed Hosts] をクリックします。

    3. [Managed Hosts] ページで、開始するホストを選択します。

    4. をクリックします アイコンをクリックし、 [ サービスの開始 ] または [ サービスの再起動 ] をクリックします。

      複数のホストのサービスを同時に開始または再開できます。

ホストメンテナンスのスケジュールを一時停止します

ホストで SnapCenter のスケジュールされたジョブの実行を停止するには、ホストをメンテナンスモードにします。この処理は、プラグインをアップグレードする前、またはホストでメンテナンス作業を行う場合に実行してください。

注記 SnapCenter がそのホストと通信できないため、停止しているホストではスケジュールを一時停止できません。
  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 * Hosts * (ホスト)をクリックします。

    2. [Hosts] ページで、 [*Managed Hosts] をクリックします。

    3. [Managed Hosts] ページで、サスペンドするホストを選択します。

    4. をクリックします アイコンをクリックし、 * スケジュールの一時停止 * をクリックして、このプラグインのホストをメンテナンスモードにします。

      複数のホストのスケジュールを同時に一時停止することができます。

    注記 最初にプラグインサービスを停止する必要はありません。プラグインサービスの状態は running または stopped のいずれかになります。
  • 結果 *

ホストでスケジュールを一時停止すると、ホストの [ 全般的なステータス ] フィールドに [Managed Hosts] ページに [*suspended] と表示されます。

ホストのメンテナンスが完了したら、 * スケジュールのアクティブ化 * をクリックして、ホストのメンテナンスモードを解除できます。複数のホストのスケジュールを同時にアクティブ化できます。