日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

CA 証明書をインポートする

寄稿者 netapp-nsriram netapp-soumikd このページの PDF をダウンロード

Microsoft の管理コンソール( MMC )を使用して、 SnapCenter サーバと Windows ホストプラグインに CA 証明書をインポートする必要があります。

  • 手順 *

    1. Microsoft 管理コンソール (MMC) に移動し、 [ * ファイル * ] 、 [ スナップインの追加と削除 ] の順にクリックします。

    2. [ スナップインの追加と削除 * ] ウィンドウで、 [ * 証明書 ] を選択し、 [ * 追加 ] をクリックします。

    3. [ * 証明書スナップイン * ] ウィンドウで、 [ * コンピュータアカウント * ] オプションを選択し、 [ * 完了 * ] をクリックします。

    4. [ * コンソールルート > 証明書–ローカルコンピュータ > 信頼されたルート証明機関 > 証明書 *] をクリックします。

    5. [ 信頼されたルート証明機関 ] フォルダを右クリックし、 [ すべてのタスク >*Import ] を選択してインポートウィザードを開始します。

    6. 次の手順でウィザードを完了します。

      ウィザードウィンドウ 実行する処理

      秘密鍵をインポートします

      オプション * はい * を選択し、秘密鍵をインポートして、 * 次へ * をクリックします。

      インポートファイル形式

      変更せずに、 * 次へ * をクリックします。

      セキュリティ

      エクスポートされた証明書に使用する新しいパスワードを指定し、 * Next * をクリックします。

      証明書のインポートウィザードを完了しています

      概要を確認し、 [ 完了 ] をクリックしてインポートを開始します。

      注記 証明書のインポートは、秘密鍵にバンドルされている必要があります(サポートされている形式は、 *.pfx 、 *p12 、 *.p7b )。
    7. 「 Personal 」フォルダについて、手順 5 を繰り返します。