日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

クローニングワークフロー

寄稿者 netapp-nsriram netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

クローニングワークフローには、クローニング処理の実行と処理の監視が含まれます。

  • このタスクについて *

  • ソースの SAP HANA サーバでクローニングを実行できます。

  • リソースのバックアップをクローニングする理由には次のものがあります。

    • アプリケーション開発のライフサイクルで、実装が必要な機能を、現在のリソースの構造およびコンテンツを使用してテストするため

    • データの抽出と操作を行うツールで、データウェアハウスにデータを取り込むため

    • 誤って削除または変更されたデータをリカバリするため

次のワークフローは、クローニング処理の実行順序を示しています。

クローニングワークフロー

PowerShell コマンドレットを手動またはスクリプトで使用して、バックアップ、リストア、クローニングの処理を実行することもできます。PowerShell コマンドレットの詳細については、 SnapCenter のコマンドレットのヘルプを使用するか、コマンドレットのリファレンス情報を参照してください。