日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Exchange データベースをバックアップします

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

データベースがどのリソースグループにも含まれていない場合は、のリソースページからデータベースまたはデータベース可用性グループをバックアップできます。

  • 必要なもの *

  • バックアップポリシーを作成しておく必要があります。

  • バックアップ処理で使用されるアグリゲートを、データベースが使用する SVM に割り当てておく必要があります。

  • セカンダリストレージとの SnapMirror 関係があるリソースをバックアップする場合、ストレージユーザに割り当てられるロールには「 'SnapMirro all' 」権限を含める必要があります。ただし、「 vsadmin 」ロールを使用している場合、「 'SnapMirro all 」権限は必要ありません。

  • ネットアップストレージとネットアップ以外のストレージ上にアクティブ / パッシブデータベースコピーのあるデータベースまたはデータベース可用性グループのバックアップを実行する場合は、 また、ポリシーのバックアップ・ジョブ作成時間 * オプションで、サーバ上のバックアップ・アクティブ・コピー * またはバックアップ・コピーを選択した場合、バックアップ・ジョブは警告状態になります。ネットアップストレージ上のアクティブ / パッシブデータベースコピーのバックアップは成功し、ネットアップ以外のストレージ上のアクティブ / パッシブデータベースコピーのバックアップは失敗します。

    * ベストプラクティス: * アクティブデータベースとパッシブデータベースのバックアップは同時に実行しないでください。競合状態が発生し、いずれかのバックアップが失敗する可能性があります。

  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 [* リソース ] をクリックし、リストから [Microsoft Exchange Server プラグイン *] を選択します。

    2. リソースページで、 * 表示 * リストから * データベース * または * データベース可用性グループ * のいずれかを選択します。

      [ リソース ] ページで、をクリックします アイコンは、データベースがネットアップ以外のストレージにあることを示します。

      注記 DAG では、アクティブなデータベースコピーがネットアップ以外のストレージにあり、データベースのパッシブコピーが少なくとも 1 つネットアップストレージにある場合、データベースを保護できます。
  • をクリックします* をクリックし、ホスト名とデータベースタイプを選択してリソースをフィルタリングします。次に、 * をクリックします* をクリックすると、フィルタペインが閉じます。

    • データベースをバックアップする場合は、データベース名をクリックします。

      1. Topology ビューが表示されたら、 Protect をクリックします。

      2. Database Protect Resource (データベースの保護)ウィザードが表示された場合は、手順 3 に進みます。

    • データベース可用性グループをバックアップする場合は、データベース可用性グループの名前をクリックします。

      1. カスタム Snapshot コピー名を指定する場合は、リソースページで Snapshot コピーにカスタム名形式を使用する * チェックボックスを選択し、 Snapshot コピー名に使用するカスタム名形式を入力します。

        たとえば、 _customText_policy_hostname_or_resource_hostname_hostname_1 です。デフォルトでは、 Snapshot コピー名の後ろにタイムスタンプが追加されます。

      2. [Policies] ページで、次の手順を実行します。

        1. ドロップダウンリストから 1 つ以上のポリシーを選択します。

          注記 また、 * をクリックしてポリシーを作成することもできます*
          注記 バックアップ・ジョブ作成時に選択するサーバ上の * バックアップ・コピーがポリシーに含まれている場合は、サーバ選択オプションが表示され、 1 つ以上のサーバを選択できます。サーバを選択するオプションでは、選択したデータベースがネットアップストレージ上にあるサーバのみが表示されます。

          [ 選択したポリシーのスケジュールを設定 ] セクションに、選択したポリシーが一覧表示されます。

        2. * をクリックします* スケジュールを設定するポリシーの [ スケジュールの設定 ] 列。

        3. [Add schedules for policy_name] ウィンドウで、スケジュールを設定し、 [OK] をクリックします。

          ここで、 _policy_name_は 選択したポリシーの名前です。

      設定されたスケジュールは、 [ 適用されたスケジュール ] 列に一覧表示されます。

      1. [ 通知 ] ページの [ 電子メールの設定 *] ドロップダウンリストから、電子メールを送信するシナリオを選択します。

        また、送信者と受信者の E メールアドレス、および E メールの件名を指定する必要があります。リソース上で実行されたバックアップ処理のレポートを添付する場合は、 [ ジョブレポートの添付( Attach Job Report ) ] を選択します。

    注記 E メール通知を利用する場合は、 GUI または PowerShell コマンド Set-SmtpServer を使用して、 SMTP サーバの詳細を指定しておく必要があります。
    1. 概要を確認し、 [ 完了 ] をクリックします。

      データベーストポロジのページが表示されます。

    2. [ 今すぐバックアップ ] をクリックします。

    3. [ バックアップ ] ページで、次の手順を実行します。

      1. リソースに複数のポリシーを適用している場合は、「 * Policy * 」ドロップダウン・リストから、バックアップに使用するポリシーを選択します。

        オンデマンドバックアップ用に選択したポリシーがバックアップスケジュールに関連付けられている場合は、スケジュールタイプに指定した保持設定に基づいてオンデマンドバックアップが保持されます。

      2. [ バックアップ ] をクリックします。

    4. ページ下部の [ アクティビティ ] ペインでジョブをダブルクリックして、バックアップの進行状況を監視し、 [ ジョブの詳細 ] ページを表示します。

      • MetroCluster 構成では、フェイルオーバー後に SnapCenter が保護関係を検出できない場合があります。

      • VMDK 上のアプリケーションデータおよび SnapCenter Plug-in for VMware vSphere の Java ヒープサイズが不足している場合、バックアップが失敗することがあります。

        Java のヒープサイズを増やすには、スクリプトファイル /opt/NetApp/init_scripts/scvservice_. を探します。このスクリプトでは、 DO_START METHOD_Command によって、 SnapCenter VMware プラグインサービスが開始されます。このコマンドを次のように更新します。 _java -jar -Xmx8192M -Xms4096M