日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Exchange リソースグループをバックアップする

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

リソースグループはホストまたは Exchange DAG のリソースの集まりで、リソースグループには DAG 全体または個々のデータベースを含めることができます。リソースグループは、のリソースページからバックアップできます。

  • 必要なもの *

  • ポリシーを適用したリソースグループを作成しておく必要があります。

  • バックアップ処理で使用されるアグリゲートを、データベースが使用する Storage Virtual Machine ( SVM )に割り当てておく必要があります。

  • セカンダリストレージとの SnapMirror 関係があるリソースをバックアップする場合、ストレージユーザに割り当てられるロールには「 'SnapMirro all' 」権限を含める必要があります。ただし、「 vsadmin 」ロールを使用している場合、「 'SnapMirro all 」権限は必要ありません。

  • リソースグループに異なるホストの複数のデータベースが含まれている場合は、ネットワークの問題が原因で一部のホストでのバックアップ処理が遅くなる可能性があります。「 SmConfigSettings 」 PowerShell コマンドレットを使用して、「 web.config 」内の「 M axRetryForUninitializedHosts 」の値を設定する必要があります。

  • リソースグループに、ネットアップストレージとネットアップ以外のストレージ上にアクティブ / パッシブデータベースコピーのあるデータベースまたはデータベース可用性グループが含まれていて、ポリシーでバックアップジョブの作成時に選択するサーバでアクティブ / パッシブデータベースコピーのバックアップ * または * バックアップコピーの選択が完了している場合: その後、バックアップジョブが警告状態になります。

    ネットアップストレージ上のアクティブ / パッシブデータベースコピーのバックアップは成功し、ネットアップ以外のストレージ上のアクティブ / パッシブデータベースコピーのバックアップは失敗します。

  • このタスクについて *

リソースグループは、リソースページからオンデマンドでバックアップできます。リソースグループにポリシーが適用され、かつスケジュールが設定されている場合は、スケジュールに従って自動的にバックアップが実行されます。

  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 [* リソース ] をクリックし、リストから [Microsoft Exchange Server プラグイン *] を選択します。

    2. [ リソース ] ページで、 [ * 表示 ] リストから [ * リソースグループ * ] を選択します。

      リソースグループを検索するには、検索ボックスにリソースグループ名を入力するか、 * をクリックします* をクリックし、タグを選択します。次に、 * をクリックします* をクリックすると、フィルタペインが閉じます。

    3. [ リソースグループ ] ページで、バックアップするリソースグループを選択し、 [ 今すぐバックアップ * ] をクリックします。

    4. Backup (バックアップ)ページで、次の手順を実行します。

      1. 複数のポリシーをリソースグループに関連付けている場合は、「 * Policy * 」ドロップダウンリストから、バックアップに使用するポリシーを選択します。

        オンデマンドバックアップ用に選択したポリシーがバックアップスケジュールに関連付けられている場合は、スケジュールタイプに指定した保持設定に基づいてオンデマンドバックアップが保持されます。

      2. [ バックアップ ] をクリックします。

    5. ページ下部の [ アクティビティ ] ペインでジョブをダブルクリックして、バックアップの進行状況を監視し、 [ ジョブの詳細 ] ページを表示します。