日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

PowerShell コマンドレットを使用した Exchange データベースの再シード

寄稿者 netapp-soumikd このページの PDF をダウンロード

PowerShell コマンドレットを使用すると、問題のあるレプリカをリストアできます。そのためには、同じホストの最新のコピーを使用するか、代替ホストの最新のコピーを使用します。

コマンドレットで使用できるパラメータとその説明については、 RUN_Get-Help コマンド NAME を実行して参照できます。または、を参照することもできます "SnapCenter ソフトウェアコマンドレットリファレンスガイド"

  • 手順 *

    1. 「 Open-SmConnection 」コマンドレットを使用して、指定されたユーザの SnapCenter サーバとの接続セッションを開始します。

      Open-smconnection  -SMSbaseurl  https:\\snapctr.demo.netapp.com:8146/
    2. 「 re seed-sSmDagReplicaCopy 」コマンドレットを使用して、データベースを再シードします。

      この例では、ホスト「 mva-rx200.netapp.com" 」上の execdb という名前のデータベースの失敗したコピーを、そのホスト上の最新のバックアップを使用して再シードします。

      reseed-SmDagReplicaCopy -ReplicaHost "mva-rx200.netapp.com" -Database execdb

      この例では、代替ホスト「 mva-rx201.netapp.com." 」上のデータベースの最新バックアップ(本番 / コピー)を使用して、 execdb という名前のデータベースの失敗したコピーを再シードします

    reseed-SmDagReplicaCopy -ReplicaHost "mva-rx200.netapp.com" -Database  execdb -BackupHost "mva-rx201.netapp.com"