日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

バックアップのワークフロー

寄稿者 netapp-soumikd このページの PDF をダウンロード

リソース(データベース)またはリソースグループのバックアップを作成することができます。バックアップのワークフローには、計画、バックアップするリソースの特定、バックアップポリシーの作成、リソースグループの作成とポリシーの適用、バックアップの作成、処理の監視が含まれます。

次のワークフローは、バックアップ処理の実行順序を示しています。

Oracle でのバックアップワークフロー

Oracle データベースのバックアップを作成する際に、データベースで複数の処理が実行されないようにするために、 Oracle データベースホスト上に運用ロックファイル( .SM_LOCK_dbsid )を作成します。このファイルは、 _$ORACLE_HOME/dbs_directory に作成されます。処理ロックファイルは、データベースのバックアップが完了すると自動的に削除されます。

ただし、前回のバックアップが警告付きで完了していた場合、処理ロックファイルが削除されず、次回のバックアップ処理が待機キューに登録される可能性があります。*.SM_LOCK_dbsid * ファイルが削除されていない場合、このファイルは最終的にはキャンセルされる可能性があります。このような場合は、次の手順に従って操作ロックファイルを手動で削除する必要があります。

  1. コマンドプロンプトから、 $ORACLE_HOME/dbs に移動します。

  2. 操作ロックを削除します : rm -rf .SM_lock_dbsid.`