日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

特定のプリスクリプトおよびポストスクリプトをクローニングするための事前定義された環境変数

SnapCenter では、データベースのクローニング時にプリスクリプトとポストスクリプトを実行する際に、事前定義された環境変数を使用できます。

  • データベースを複製するためにサポートされている定義済み環境変数 *

  • * SC_ORIGIY_SID * はソース・データベースの SID を指定します

    このパラメータは、アプリケーションボリュームに対して入力されます。

    例: NFSB32

  • * SC_original_host * にはソース・ホストの名前を指定します

    このパラメータは、アプリケーションボリュームに対して入力されます。

    例: asmrac1.gdl.englab.netapp.com

  • * SC_ORACLE_HOME * は ' ターゲット・データベースの Oracle ホーム・ディレクトリのパスを指定します

    例: /ora01/app/oracle/product/18.1.0/db_1

  • * SC_backup_name * 」はバックアップ名です。

    このパラメータは、アプリケーションボリュームに対して入力されます。

    • データベースが ARCHIVELOG モードで実行されていない場合: DATA@RG2_scspr2417819002_07-20-2021_12.16.48.9267 _0 | LOG@RG2_scspr2417819002_07-20-2021_12.16.48.9267 _1

    • データベースが ARCHIVELOG モードで実行されている場合: DATA@RG2_scspr2417819002_07-20-2021_12.16.48.9267 _0 | log : RG2_scspr2417819002_07-020-20-220_1120-216.48.7_1 、 RG2_scspr2417819002_07-021 - 202_112.16.48.9267_1 、 RG2_scspr2417819002_0.267_2.162.16_2.168.267_2.162.168.267_12.16_2.16_2.168.2.168.267_1

  • * sc_av_name * は、アプリケーション・ボリュームの名前を指定します。

    例: AV1|AV2

  • * SC_ORIGIY_OS_USER * はソース・データベースのオペレーティング・システムの所有者を指定します

    例: oracle

  • * SC_ORIGIY_OS_GROUP * はソース・データベースのオペレーティング・システム・グループを指定します

    例: oinstall

  • * SC_TARY_SID * 」はクローン・データベースの SID を指定します。

    PDB クローンワークフローの場合、このパラメータの値は事前定義されていません。

    このパラメータは、アプリケーションボリュームに対して入力されます。

    例: clonedb

  • * SC_TARGET_HOST* は、データベースをクローニングするホストの名前を指定します。

    このパラメータは、アプリケーションボリュームに対して入力されます。

    例: asmrac1.gdl.englab.netapp.com

  • * SC_TARGET_OS_USER * は、クローンデータベースのオペレーティング・システムの所有者を指定します。

    PDB クローンワークフローの場合、このパラメータの値は事前定義されていません。

    例: oracle

  • * SC_TARGET_OS_GROUP * は、クローンデータベースのオペレーティング・システム・グループを指定します。

    PDB クローンワークフローの場合、このパラメータの値は事前定義されていません。

    例: oinstall

  • * SC_TARGET_DB_PORT * は、クローンデータベースのデータベースポートを指定します。

    PDB クローンワークフローの場合、このパラメータの値は事前定義されていません。

    例: 1521

区切り記号の詳細については、を参照してください "サポートされるデリミタ"