日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Linux ホストに SnapCenter Plug-in Loader ( SPL )サービスを使用して CA 証明書を設定します

寄稿者 netapp-nsriram netapp-soumikd このページの PDF をダウンロード

SPL キーストアとその証明書のパスワードを管理し、 CA 証明書を設定し、ルート証明書または中間証明書を SPL の信頼ストアに設定し、 CA 署名キーペアを SPL の信頼ストアと SnapCenter Plug-in Loader サービスを使用して設定して、インストールされたデジタル証明書をアクティブ化する必要があります。

重要 SPL は、ファイル 'keystore.jkS' を使用します。このファイルは、 '/var/opt/snapcenter /spl/etc にあり、どちらもトラストストアおよびキーストアとして使用されます。

SPL キーストアのパスワードと使用中の CA 署名済みキーペアのエイリアスを管理します

  • 手順 *

    1. SPL プロパティファイルから SPL キーストアのデフォルトパスワードを取得できます。

      これはキー 'PL_keystore.pass' に対応する値です。

    2. キーストアのパスワードを変更します。

       keytool -storepasswd -keystore keystore.jks
      . キーストア内の秘密鍵エントリのすべてのエイリアスのパスワードを、キーストアに使用されているパスワードと同じパスワードに変更します。
      keytool -keypasswd -alias "<alias_name>" -keystore keystore.jks

      spl.properties ファイル内のキー SPL の _keystore.pass に対しても同じ内容を更新します。

    3. パスワードを変更したら、サービスを再起動してください。

注記 SPL キーストアのパスワードと秘密鍵に関連付けられているすべてのエイリアスパスワードが同じである必要があります。

ルート証明書または中間証明書を SPL の信頼ストアに設定します

SPL の信頼ストアへの秘密鍵を使用せずにルート証明書または中間証明書を設定する必要があります。

  • 手順 *

    1. SPL キーストアが格納されているフォルダ( /var/opt/snapcenter /spl/etc_ )に移動します。

    2. ファイル 'keystore.jkS' を探します。

    3. キーストアに追加された証明書を表示します。

       keytool -list -v -keystore keystore.jks
      . ルート証明書または中間証明書を追加します。
       keytool -import -trustcacerts -alias <AliasNameForCerticateToBeImported> -file /<CertificatePath> -keystore keystore.jks
      . SPL の信頼ストアにルート証明書または中間証明書を設定したら、サービスを再起動します。
注記 ルート CA 証明書、中間 CA 証明書の順に追加する必要があります。

CA 署名キーペアを SPL の信頼ストアに設定します

CA 署名鍵ペアを SPL 信頼ストアに設定する必要があります。

  • 手順 *

    1. SPL のキーストア /var/opt/snapcenter /spl/ などを含むフォルダに移動します

    2. ファイル 'keystore.jkS' を探します。

    3. キーストアに追加された証明書を表示します。

       keytool -list -v -keystore keystore.jks
      . 秘密鍵と公開鍵の両方を含む CA 証明書を追加します。
       keytool -importkeystore -srckeystore <CertificatePathToImport> -srcstoretype pkcs12 -destkeystore keystore.jks -deststoretype JKS
      . キーストアに追加された証明書を表示します。
       keytool -list -v -keystore keystore.jks
      . キーストアに、キーストアに追加された新しい CA 証明書に対応するエイリアスが含まれていることを確認します。
      . CA 証明書用に追加された秘密鍵のパスワードをキーストアのパスワードに変更します。

      デフォルトの SPL キーストアパスワードは、 spl.properties ファイル内のキー SPL の keystore.pass の値です。

       keytool -keypasswd -alias "<aliasNameOfAddedCertInKeystore>" -keystore keystore.jks
      . CA 証明書のエイリアス名が長く、スペースまたは特殊文字(「 * 」、「」)が含まれている場合は、エイリアス名を単純な名前に変更します。
       keytool -changealias -alias "<OrignalAliasName>" -destalias "<NewAliasName>" -keystore keystore.jks
      . spl.properties ファイルにあるキーストアからエイリアス名を設定します。

      この値をキー SPL の certificate_alias に更新します。

    4. CA 署名済みキーペアを SPL 信頼ストアに設定したら、サービスを再起動します。

SPL の証明書失効リスト( CRL )を設定します

SPL 用に CRL を設定する必要があります

  • このタスクについて *

  • SPL は、事前に設定されたディレクトリ内の CRL ファイルを検索します。

  • SPL の CRL ファイルのデフォルトディレクトリは、 _var/opt/snapcenter /spl/etc/crl_です 。

  • 手順 *

    1. spl.properties ファイル内のデフォルトディレクトリを、キー SPL_CRL_PATH に対して変更および更新できます。

    2. このディレクトリに複数の CRL ファイルを配置できます。

      着信証明書は各 CRL に対して検証されます。