日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

UNIX コマンドを使用して Oracle データベースをリストアおよびリカバリする

寄稿者 netapp-soumikd netapp-asubhas このページの PDF をダウンロード

リストアとリカバリのワークフローには、計画、リストア処理とリカバリ処理の実行、および処理の監視が含まれます。

  • このタスクについて *

次のコマンドを実行して、 SnapCenter サーバとの接続を確立し、バックアップをリストしてその情報を取得し、バックアップをリストアする必要があります。

コマンドで使用できるパラメータとその説明については、 Get-Help_command_name _ を実行して取得できます。または、を参照することもできます "SnapCenter ソフトウェアコマンドリファレンスガイド"

  • 手順 *

    1. 指定されたユーザ用に SnapCenter サーバとの接続セッションを開始します: Open-SmConnection

    2. リストアするバックアップに関する情報を取得します: Get-SmBackup

    3. 指定したバックアップに関する詳細情報を取得します: Get-SmBackupDetails

      このコマンドは、指定されたバックアップ ID に一致する指定されたリソースのバックアップに関する詳細情報を取得します。情報には、データベース名、バージョン、ホーム、開始 SCN と終了 SCN 、表領域、 Pluggable Database とその表領域などがあります。

    4. バックアップからデータをリストアする: Restore-SmBackup