Skip to main content
SnapCenter Software 5.0
日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

トポロジページで SQL Server のバックアップとクローンを表示します

共同作成者

リソースのバックアップまたはクローニングを準備する際に、プライマリストレージとセカンダリストレージ上のすべてのバックアップとクローンの図を表示すると役に立ちます。

このタスクについて

トポロジページでは、選択したリソースまたはリソースグループに使用できるバックアップとクローンをすべて表示できます。これらのバックアップとクローンの詳細を確認し、対象を選択してデータ保護処理を実行できます。

[ コピーの管理( Manage Copies ) ] ビューの次のアイコンを確認して、プライマリストレージまたはセカンダリストレージ(ミラーコピーまたはバックアップコピー)でバックアップとクローンが使用可能かどうかを判断できます。

  • プライマリストレージアイコン には、プライマリストレージ上にあるバックアップとクローンの数が表示されます。

  • セカンダリストレージミラーアイコン には、 SnapMirror テクノロジを使用してセカンダリストレージにミラーリングされたバックアップとクローンの数が表示されます。

  • セカンダリストレージバックアップアイコン には、 SnapVault テクノロジを使用してセカンダリストレージにレプリケートされたバックアップとクローンの数が表示されます。

    • 表示されるバックアップの数には、セカンダリストレージから削除されたバックアップも含まれます。

      たとえば、 4 つのバックアップだけを保持するポリシーを使用して 6 つのバックアップを作成した場合、バックアップの数は 6 と表示されます。

メモ mirror-vault タイプのボリュームにあるバージョンに依存しないミラーのバックアップのクローンはトポロジビューに表示されますが、トポロジビューのミラーバックアップの数にはバージョンに依存しないバックアップは含まれません。

セカンダリ関係がSnapMirrorビジネス継続性(SM-BC)として設定されている場合は、次のアイコンも表示されます。

  • レプリカサイトアップ レプリカサイトが稼働していることを示します。

  • レプリカサイトダウン レプリカサイトがダウンしていることを示します。

  • 関係が再確立されました セカンダリのミラー関係やバックアップ関係が再確立されていないことを示します。

手順
  1. 左側のナビゲーションペインで、 * リソース * をクリックし、リストから適切なプラグインを選択します。

  2. [ リソース ] ページで、 [ * 表示 * ] ドロップダウンリストからリソースまたはリソースグループを選択します。

  3. リソースの詳細ビューまたはリソースグループの詳細ビューでリソースを選択します。

    選択したリソースがクローンデータベースの場合、クローンデータベースを保護すると、トポロジページにクローンのソースが表示されます。詳細 * をクリックして、クローニングに使用されたバックアップを表示します。

    リソースが保護されている場合は、選択したリソースのトポロジページが表示されます。

  4. 概要カードを確認して、プライマリストレージとセカンダリストレージにあるバックアップとクローンの数をサマリで確認します。

    サマリカード * セクションには、バックアップとクローンの合計数が表示されます。

    「 * Refresh * 」ボタンをクリックすると、ストレージの照会が開始され、正確な数が表示されます。

    SnapLockが有効なバックアップが作成された場合、*[Refresh]*ボタンをクリックすると、ONTAPから取得されたプライマリおよびセカンダリSnapLockの有効期限が更新されます。週次スケジュールでは、ONTAPから取得したプライマリおよびセカンダリのSnapLock有効期限も更新されます。

    アプリケーションリソースが複数のボリュームに分散している場合、バックアップのSnapLock有効期限は、ボリューム内のSnapshotコピーに設定されている最長のSnapLock有効期限になります。最長のSnapLock有効期限がONTAPから取得されます。

    SnapMirrorビジネス継続性(SM-BC)の場合、*[リフレッシュ]*ボタンをクリックすると、ONTAPにプライマリサイトとレプリカサイトの両方が照会され、SnapCenterバックアップインベントリが更新されます。週次スケジュールでは、SM-BC関係を含むすべてのデータベースに対してこの処理も実行されます。

    • SM-BC、非同期ミラー、バックアップ、またはミラーバックアップ関係では、フェイルオーバー後に新しいプライマリデスティネーションに対する設定を手動で行う必要があります。

    • フェイルオーバーが完了したら、SnapCenterがフェイルオーバーを認識できるようにバックアップを作成する必要があります。[リフレッシュ]*をクリックできるのは、バックアップが作成されてからです。

  5. [ コピーの管理 ] 表示で、プライマリ・ストレージまたはセカンダリ・ストレージから * バックアップ * または * クローン * をクリックして、バックアップまたはクローンの詳細を表示します。

    バックアップとクローンの詳細が表形式で表示されます。

  6. 表でバックアップを選択し、データ保護アイコンをクリックして、リストア、クローニング、名前変更、削除の各処理を実行します。

    メモ セカンダリストレージ上のバックアップは、名前変更または削除できません。
  7. テーブルからクローンを選択し、 * Clone Split * をクリックします。

  8. クローンを削除する場合は、表でクローンを選択し、をクリックします