日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapCenter での Windows ファイルシステムのバックアップ方法

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapCenter では、 Snapshot コピーテクノロジを使用して Windows ファイルシステムのリソースがバックアップされます。これには、 Windows クラスタの LUN 、 CSV (クラスタ共有ボリューム)、 RDM ( raw デバイスマッピング)ボリューム、 ALM (非対称 LUN マッピング)、および VMFS / NFS ( NFS を使用する VMware Virtual Machine File System )に基づく VMDK にあるリソースが含まれます。

SnapCenter は、ファイルシステムの Snapshot コピーを作成することによってバックアップを作成します。ボリュームに複数のホストの LUN が含まれている場合は、フェデレーテッドバックアップを使用すると、各 LUN を個別にバックアップするよりも迅速かつ効率的に処理できます。ボリュームの Snapshot コピーを 1 つだけ作成すれば、各ファイルシステムの Snapshot を個別に作成しなくても済むからです。

SnapCenter で作成される Snapshot コピーには、ストレージシステムボリューム全体がキャプチャされます。ただし、バックアップは、バックアップが作成されたホストサーバに対してのみ有効になります。

他のホストサーバのデータが同じボリュームに含まれている場合、それらのデータを Snapshot コピーからリストアすることはできません。

注記 Windows ファイルシステムにデータベースが含まれている場合、ファイルシステムをバックアップしてもデータベースがバックアップされるわけではありません。データベースをバックアップするには、いずれかのデータベースプラグインを使用する必要があります。