日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

トポロジページで関連するバックアップとクローンを表示します

寄稿者 netapp-soumikd このページの PDF をダウンロード

リソースのバックアップまたはクローニングを準備する際に、プライマリストレージとセカンダリストレージ上のすべてのバックアップとクローンの図を表示できます。トポロジページでは、選択したリソースまたはリソースグループに使用できるバックアップとクローンをすべて表示できます。これらのバックアップとクローンの詳細を確認し、対象を選択してデータ保護処理を実行できます。

  • このタスクについて *

[ コピーの管理 ] ビューの次のアイコンを確認して、プライマリストレージまたはセカンダリストレージ(ミラーコピーまたはバックアップコピー)でバックアップとクローンが使用可能かどうかを判断できます。

  • プライマリストレージアイコン には、プライマリストレージ上にあるバックアップとクローンの数が表示されます。

  • セカンダリストレージミラーアイコン には、 SnapMirror テクノロジを使用してセカンダリストレージにミラーリングされたバックアップとクローンの数が表示されます。

    注記 mirror-vault タイプのボリュームにあるバージョンに依存しないミラーのバックアップのクローンはトポロジビューに表示されますが、トポロジビューのミラーバックアップの数には、バージョンに依存しないバックアップは含まれません。
  • セカンダリストレージバックアップアイコン には、 SnapVault テクノロジを使用してセカンダリストレージにレプリケートされたバックアップとクローンの数が表示されます。

    • 表示されるバックアップの数には、セカンダリストレージから削除されたバックアップも含まれます。たとえば、 4 個のバックアップだけを保持するポリシーを使用して 6 個のバックアップを作成した場合、バックアップの数は 6 個と表示されます。

    • SnapCenter 1.1 からアップグレードした場合、セカンダリ(ミラーまたはバックアップ)上のクローンは、トポロジページのミラーコピーまたはバックアップコピーの下に表示されません。SnapCenter 3.0 では、 SnapCenter 1.1 で作成されたすべてのクローンがローカルコピーの下に表示されます。

注記 mirror-vault タイプのボリュームにあるバージョンに依存しないミラーのバックアップのクローンはトポロジビューに表示されますが、トポロジビューのミラーバックアップの数には、バージョンに依存しないバックアップは含まれません。
  • 手順 *

    1. 左側のナビゲーションペインで、 * リソース * をクリックし、リストから適切なプラグインを選択します。

    2. [ リソース ] ページで、 [ * 表示 * ] ドロップダウンリストからリソースまたはリソースグループを選択します。

    3. リソースの詳細ビューまたはリソースグループの詳細ビューでリソースを選択します。

      リソースが保護されている場合は、選択したリソースのトポロジページが表示されます。

    4. 概要カードを確認して、プライマリストレージとセカンダリストレージにあるバックアップとクローンの数をサマリで確認します。

      サマリカードセクションには、バックアップとクローンの合計数が表示されます。Oracle データベースの場合のみ、サマリカードセクションにはログバックアップの合計数も表示されます。

      更新ボタンをクリックすると、ストレージのクエリが実行されて正確な数が表示されます。

    5. [ コピーの管理 ] ビューで、プライマリストレージまたはセカンダリストレージから * バックアップ * または * クローン * をクリックして、バックアップまたはクローンの詳細を表示します。

      バックアップとクローンの詳細が表形式で表示されます。

    6. 表でバックアップを選択し、データ保護アイコンをクリックして、リストア、クローニング、名前変更、削除の各処理を実行します。

      注記 セカンダリストレージシステム上のバックアップは、名前変更または削除できません。

      SnapCenter Custom Plug-ins を使用している場合、プライマリストレージシステムにあるバックアップの名前は変更できません。

      • Oracle のリソースまたはリソースグループのバックアップを選択した場合、マウントおよびアンマウントの処理も実行できます。

      • Oracle のリソースまたはリソースグループのログバックアップを選択した場合、名前変更、マウント、アンマウント、および削除の処理を実行できます。

      • SnapCenter Plug-ins Package for Linux を使用していて、 Oracle Recovery Manager ( RMAN )を使用してバックアップをカタログ化した場合、カタログ化されたバックアップの名前は変更できません。

    7. クローンを削除する場合は、表でクローンを選択し、をクリックします をクリックしてクローンを削除します。

  • プライマリストレージ上のバックアップとクローンを示す例 *

プライマリストレージのバックアップとクローンのトポロジビュー