日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NFS 構成のガイドライン

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX をインストールする前に、 Network File System ( NFS ;ネットワークファイルシステム)サービスの実行場所と、ストレージシステムディレクトリのエクスポート先を確認しておく必要があります。NFS クライアントの権限とインターフェイスに対する読み取り / 書き込み権限を確認してください。

SnapDrive for UNIX を使用して、 NFS マウントされたディレクトリをリストアまたは接続する場合、ストレージシステムのディレクトリがホストに正しくエクスポートされていることを確認する必要があります。ストレージシステムにアクセスできる IP インターフェイスがホストに複数ある場合は、ディレクトリがそれぞれのインターフェイスに正しくエクスポートされていることを確認する必要があります。

SnapDrive for UNIX では ' これらのすべてのインタフェースに読み取り / 書き込みアクセス権がある場合 ' または SnapDrive snap connect に '-readonly' オプションを指定した場合 ' または少なくとも読み取り専用アクセス権がない場合には ' 警告が表示されますこれらのインターフェイスのいずれにもディレクトリへのアクセス権がない場合、 SnapDrive snap restore コマンドと SnapDrive snap connect コマンドは失敗します。

root ユーザとして Single File SnapRestore ( SFSR )を実行する場合は、ストレージシステムのディレクトリがホスト上で読み取り / 書き込み権限でエクスポートされ、次のエクスポートルールが設定されている必要があります。

  • Data ONTAP 7-Mode では、 rw=< ホスト名 >, root=< ホスト名 >

  • rwrule = sys 、 rorule = sys 、 superuser = sys 、 clustered Data ONTAP で superuser = sys

  • 関連情報 *