日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

AutoSupport メッセージの内容

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

AutoSupport メッセージには次の情報が含まれています。

  • イベントソース

  • イベント ID

  • SnapDrive for UNIX のバージョン

  • メッセージステータス:ログレベルのメッセージ。たとえば、 1 はアラート、 2 は重大、 3 はエラー、 4 は警告、 5 は通知、 6 を参照してください。 7 を参照してください

  • ホスト名

  • ホストオペレーティングシステム

  • ホストオペレーティングシステムのリリースバージョン

  • ストレージシステムの名前

  • Protection Manager / Role Based Access Control の使用

  • エラーカテゴリ

  • AutoSupport フラグメッセージエントリが FALSE になっています

  • ホストのマルチパスタイプ:「 snapdrive.conf 」ファイルで設定された値がログに記録されます。構成値が正しくないためにアシスタントがロードされていない場合、ホストマルチパスタイプはログに記録されません。

  • Host virtualization enabled : VMware ゲストオペレーティングシステムに対してのみキャプチャされます。

  • プロトコル: 'napdrive.conf ファイルの 'default-transport' に設定された値

  • Protection Enabled : OnCommand Data Fabric Manager ( DFM )に SnapDrive for UNIX が設定されている場合は、値「 Yes 」が記録されます。

    注記 SnapDrive for UNIX では、 OnCommand DFM が使用されているかどうかは検証されません。

SnapDrive storage show -all コマンドを実行すると、次の追加情報を使用できます。

  • プロトコルのタイプ( FCP / iSCSI ): LUN の作成に使用するプロトコル(存在する場合)。

  • 接続されている LUN の数

  • ディスクまたはボリュームグループの数

  • ファイル仕様の数

  • ホストボリュームの数

注記 SnapDrive for UNIX で AutoSupport を有効にすると、操作に失敗したときに、エラー・メッセージが Event Management System ( EVM )ストレージ・システムに記録されます。エラーメッセージに( < 、 > 、 & 、 ' 、 " などの特殊文字が含まれている場合、 \r )ストレージ・システムの EMS ログ・ビューで文字化けした値が表示されます。