日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

NFS エンティティの Snapshot コピーを切断する際のガイドラインを次に示します

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

Snapshot コピーの切断処理は、ホストクラスタ環境内の任意のノードから実行できます。コマンドオプションを使用して、ストレージエンティティを特定のノードから切断します。

NFS エンティティを含む Snapshot コピーを切断する場合は、次のガイドラインに従ってください。

  • 読み取り専用権限で接続した NFS ディレクトリツリーを切断すると、 SnapDrive for UNIX は次の処理を実行します。

    • ファイルシステムをアンマウントします。

    • ファイルシステムテーブルファイルのマウントエントリを削除します。

    • マウントポイントを削除します。

    • では、セカンダリ・ホスト(親ボリューム上でエクスポート権限がないホスト)から NFS filespec を接続する際に作成した、 Snapshot コピー・ディレクトリのエクスポート・ルールは削除されません。

  • 読み取り / 書き込み権限で接続した NFS ディレクトリツリーを切断すると、 SnapDrive for UNIX は次の処理を実行します。

    • ファイルシステムをアンマウントします。

    • ファイルシステムテーブルファイルのマウントエントリを削除します。

    • FlexVol ボリュームクローン内のファイルシステムに対応する NFS ディレクトリツリーを削除します。

    • 基盤となる FlexVol ボリュームクローンを削除します(空の場合)。

    • マウントポイントを削除します。