日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

SnapDrive snap connect コマンドの仕組み

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive snap connect コマンドを使用すると ' 指定したエンティティのストレージのクローンが作成され ' ホストにインポートされます

  • LUN (「 -lun' 」)を含む Snapshot コピーを指定すると、 SnapDrive for UNIX はその LUN の新しいコピーをホストにマッピングします。SnapDrive snap connect コマンドを使用して ' 他のストレージ・エンティティー (-vg’-dg’-fs'-lvol’または `-hostvol') と同じコマンド・ライン上の LUN を指定することはできません

  • LUN に直接存在するファイルシステムを指定すると、 SnapDrive for UNIX によって LUN がホストにマッピングされ、ファイルシステムがマウントされます。

  • 「 snap connect 」コマンドで相対パス名としてソースマウントポイントを指定した場合、 SnapDrive for UNIX は CLI で指定されたデスティネーションマウントポイントを無視し、「 source_mount_point_<N> 」という形式の内部命名規則を使用してデスティネーションマウントポイントに名前を付けます。

  • ディスク・グループを含むスナップショット・コピー ' またはディスク・グループの一部であるホスト・ボリュームまたはファイル・システムを指定する場合は ' SnapDrive snap connect コマンドを使用してターゲット・ディスク・グループ全体を接続します接続を確立するために、 SnapDrive for UNIX はターゲットディスクグループのすべての論理ボリュームを再アクティブ化し、論理ボリューム上のすべてのファイルシステムをマウントします。

  • 「 snap connect 」コマンドで「 autorname 」オプションを指定すると、ホストボリュームとファイルシステムの名前は常に変更されます。ディスクグループの名前は、ホストにすでに存在する場合にのみ変更されます。

  • NFS ディレクトリ・ツリーを含む Snapshot コピーを指定すると、 SnapDrive for UNIX により、 NFS ディレクトリ・ツリーを含む FlexVol ボリュームのクローンが作成されます。次に、 SnapDrive for UNIX がボリュームをホストに接続し、 NFS ファイルシステムをマウントします。ディレクトリツリー内で、 SnapDrive for UNIX を使用すると、 Snapshot コピーの作成後に作成した新しい NFS ファイルまたはディレクトリがすべて削除されます。「 snapmirror-nfs-removedirectories 」設定オプションが on に設定されている場合、 FlexVol for UNIX は、接続する NFS ディレクトリ外のファイルまたはディレクトリを SnapDrive ボリュームから削除します。

  • NFS ディレクトリ・ツリーを含む Snapshot コピーを -readonly オプションを使用して接続する場合、 SnapDrive for UNIX は、クローンを作成することなく、ディレクトリの Snapshot コピーを直接マウントします。SnapDrive snap connect コマンドを使用して 'NFS 以外のエンティティと同じコマンド・ライン上の NFS マウントポイントを指定することはできませんつまり '-vg’-dg’`-fs'-lvol'-hostvol' のいずれかのオプションを使用します

注記 vFiler 環境では '-split' オプションを使用したスナップ接続操作は Data ONTAP 7.3 以降でサポートされています