日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームベース SnapRestore の必須チェック項目です

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

ボリュームベースの SnapRestore を実行する前に、 SnapDrive for UNIX でシステムに対していくつかの必須チェックが実行されます。これらのチェックは、ボリュームベースの SnapRestore を安全に使用するために必要です。必須チェックは、ユーザーが上書きすることはできません。

ボリュームベースの SnapRestore を実装する前に、 SnapDrive for UNIX で実行される必須のチェック項目は次のとおりです。

  • ボリュームベースの SnapRestore は、 SnapDrive for UNIX を使用して作成された Snapshot でのみ機能します。

  • ボリュームベース SnapRestore 内のボリュームをストレージシステムのルートボリュームにすることはできません。

  • SnapDrive for UNIX はボリュームクローンをチェックします。新しい Snapshot コピーにボリュームクローンが含まれている場合は、ボリュームリストア処理は実行できません。これは Data ONTAP の制限事項です。

  • ボリュームベース SnapRestore 内のボリュームに、リストア用に指定した LUN (ファイルシステム、ディスクグループ、またはホストボリューム内の raw LUN )以外のマッピングされた LUN がないようにします。

  • SnapDrive for UNIX は、ボリュームが SnapMirror 関係にあるかどうかをチェックします。

  • SnapDrive for UNIX は、ボリュームが SnapVault 関係にあるかどうかをチェックします。

SnapDrive for UNIX が RBAC に Operations Manager を使用しており、ユーザに SD.snapshot.DisruptBaseline 機能が割り当てられている場合、 SnapMirror と SnapVault のチェックは無視できます。これらのチェックを無効にするための RBAC 機能の詳細については、 SnapDrive for UNIX のロールベースアクセス制御を参照してください。

  • 関連情報 *