日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

セキュリティ機能とは

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX には、より安全に操作できる特定の機能が用意されています。これらの機能を使用すると、ストレージシステム上でどのユーザが操作を実行できるか、およびどのホストから操作を実行できるかを、より細かく制御できます。

セキュリティ機能を使用すると、次のタスクを実行できます。

  • アクセス制御権限を設定します

  • ストレージシステムのログイン情報を指定してください

  • SnapDrive for UNIX で HTTPS を使用するように指定します

アクセス制御機能を使用すると、 SnapDrive for UNIX を実行するホストがストレージシステムで実行できる操作を指定できます。これらの権限はホストごとに個別に設定します。また、 SnapDrive for UNIX からストレージ・システムへのアクセスを許可するには、そのストレージ・システムのログイン名およびパスワードを入力する必要があります。

HTTPS 機能を使用すると、パスワードの送信など、 Manage ONTAP インターフェイスからストレージシステムへのすべての通信に SSL 暗号化を指定できます。この動作は 'AIX ホスト用の SnapDrive 4.1 以降のリリースではデフォルトですが 'use-https-to-filer 構成変数の値を off に変更すると 'SSL 暗号化を無効にできます