日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

LVM 環境での SnapDrive for UNIX プロビジョニング

寄稿者 このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX storage コマンドは、 LVM オブジェクトを作成して LVM エンティティをプロビジョニングします。

LVM エンティティー(ホスト・ボリュームやファイル・システムを含むディスク・グループなど SnapDrive )をプロビジョニングする UNIX ストレージ用の SnapDrive を要求した場合 'LVM storage コマンドは LVM と連携して ' ストレージを使用する LVM オブジェクトとファイル・システムを作成します

ストレージのプロビジョニング処理では、次の処理が実行されます。

  • ホスト LVM は、ストレージシステムの LUN を複数のディスク、またはボリュームグループに統合します。

    ストレージは論理ボリュームに分割され、ファイルシステムや生データを格納する raw ディスクデバイスとして使用されます。

  • SnapDrive for UNIX は、ホスト LVM と統合して、各ディスクグループ、ホストボリューム、および Snapshot コピーの要求を受けたファイルシステムを構成しているネットアップ LUN を特定します。

    指定したホストボリュームのデータをディスクグループ内のすべてのディスクに分散できるため、 Snapshot コピーを作成してリストアできるのはディスクグループ全体のみです。