日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

Snapshot の作成処理と削除処理が失敗する

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

LUN がビジー状態のため、 Snapshot の作成処理と削除処理でストレージシステム上の Snapshot コピーを削除できません。

次のエラーメッセージが表示されます。

0001-124 Admin error: Failed to remove snapshot <snap-name> on
filer <filer-name>: LUN clone

このエラーが発生し、次の条件に該当する場合は Snapshot コピーを直接削除できない可能性があります。

  • ディスクグループは複数のストレージシステムにまたがります。

  • 次の SnapDrive コマンドは、 50 回以上ループで実行されます(繰り返しの回数はホストオペレーティングシステムによって異なります)。

    • SnapDrive storage create

    • SnapDrive snap create

    • SnapDrive storage delete

    • SnapDrive スナップ・リストア

    • SnapDrive スナップ接続

    • SnapDrive storage delete

    • SnapDrive snap delete

この時点で、ストレージ・システム上の Snapshot コピーのステータスは「 *LUNs-bBusy * 」と表示され、このステータスは数時間延長されます。

回避策

* if…​* * 次に …​ *

Snapshot コピー内のクローン LUN のうち、ホストに接続されていないものがあります。

Snapshot コピーを削除するには、次のいずれかを実行します。

  • 「 filer split clone 」コマンドを使用して、クローン LUN をストレージ・システムからスプリットします。

  • クローン LUN を削除します。

Snapshot コピー内のクローン LUN のうち、ホストに接続されていないものがあります。

次の手順を実行します。

  1. lun snap disconnect コマンドを使用 SnapDrive して、クローニングされた LUN をホストから切断します。

  2. クローン LUN を削除します。

  3. Snapshot コピーを削除します。

次のいずれかがあります。

  • 他の Snapshot コピーにも存在する、 Snapshot コピー内のクローン LUN

  • クローン LUN をバックアップします

次の手順を実行します。

  1. ストレージ・システムのコマンド・プロンプトで、「 lun snap usage -s <volumename> <snap-name> 」コマンドを実行します

    次の例に示すように、クローニングされた LUN の Snapshot コピーが含まれている Snapshot コピーの名前が表示されます。

    tonic*> lun snap usage vol1
    james_lun (filer view)
    mpiotest2:
    LUN:
    /vol/vol1/.snapshot/mpiotest2/d
    hilip_0
    Backed By:
    /vol/vol1/.snapshot/dhilip_lun/
    james
  2. 次の例に示すように、 lun snap usage コマンドの出力と同じ順序で、ストレージシステムから Snapshot コピーを削除します。

    'snap delete vol1 mpiotest2`

    注記 削除する Snapshot コピーが他のホストで使用されていないことを確認します。アクセス中の場合は削除できません。

クローン LUN がありません

ストレージ・システム上の Snapshot コピーの [LUNs - Busy ( LUN - ビジー) ] ステータスが消えるまで待ちます