日本語は機械翻訳による参考訳です。内容に矛盾や不一致があった場合には、英語の内容が優先されます。

ボリュームクローンまたは LUN クローンをスプリットします

寄稿者 netapp-ivanad このページの PDF をダウンロード

SnapDrive for UNIX では、ボリュームクローンまたは LUN クローンをスプリットできます。クローンスプリットが完了すると、親ボリュームとクローンの関係が破棄され、両方のエンティティが相互に独立していて、それぞれのストレージスペースがあります。

クローンスプリット処理は次のとおりです。

  • ボリュームクローンまたは LUN クローンのディスクスペースを概算します( MB 単位)。

  • ボリュームクローンまたは LUN クローンをスプリットします。

  • ボリュームクローンまたは LUN クローンスプリットを停止します。

  • 実行中、完了、または失敗したクローンスプリットのステータスを表示します。

注記
  • ボリュームクローンをスプリットすると、クローンボリューム内のすべての Snapshot コピーが削除されます。

  • クローニングされたボリューム内に Snapshot コピーが作成されているかどうかを確認するには、ファイル仕様をスプリットする前に clone split estimate コマンドを実行する必要があります。

  • すべてのクローン・スプリット・コマンドでは、長い LUN 名のみを「 -lun 」オプションで指定する必要があります。他のストレージ・エンティティ( -vg 、 -dg 、 -fs 、 -lvol 、または -hostvol オプション)と同じコマンド・ラインで「 -lun' 」オプションを指定することはできません。

  • clone split コマンドでは、ファイル指定の絶対パス名を必ず使用する必要があります。

  • Snapshot を使用した LUN クローンスプリットの見積もりは、 SnapDrive 4.2 for UNIX 以降で作成された Snapshot コピーに対してのみ可能です。